At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

押し問答坐禅

この暑さにも慣れてきたのか、少しはマシに感じるようになりましたが、それでもなかなか堪える夏、如何お過ごしでしょうか。
今月は、坐禅の後に、羽賀和尚に小坊主・森田が、禅問答ならぬ押し問答を仕掛けます。
ギクリやヒヤリで、よく眠れる夜にしていただきたいと思います。

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?
慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?
私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。
一人になれる場所を持ちながら一人になり切ることができません。
それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。
一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?
羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

8/28(Fri)
19:30-
2,500yen(白ワインor冷茶+上生菓子付き)

お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com

2015/08/16

Vol.12

生きていくためにお金は必要よ。だからといって、お金さえあれば幸せなワケ? そうじゃないって、もうイイ加減気づいてんでしょ? じゃ、幸せってなんなのよ?
幸せ=お金じゃない、それはわかる。だからとにかく幸せになりたい、幸せにして~、なヒトばっかよね。
それってさ、たとえばタクシーに乗ってさ、
「どっかオモロいとこへ行って~」
って言ってるみたいなもんなのよ。わかる?
タクシーの運転手も困るわよ。
そら、中にはさ、
「よっしゃー」
って張り切ってSMクラブへ行ってくれる運ちゃんもいるかもしんないけどさ、それは運ちゃんにとってのオモロいとこで、アンタにとってはオモロくなかった、としてもよ、文句は言えないわよね? アンタのオーダーが間違ってんだもの。
でもみんな、怒るのよ。「クソ運転手」ってね。
そろそろ、すべての責任は自分にあるってことに気づきなさい。
自分にとっての幸せがなんなのか、自分で掘り下げて見つけなさいよ。幸せという夢の国なんて存在しないわ。幸せという言葉は存在するけど、その中身は、アンタがどんな時間をどんな空間で過ごすのが心地イイのかってコトでしかないのよ。そんなのアンタにしかわかんないわよ。
それでもなお、お金が欲しいと言うなら聞くけど、アンタ、単にお金持ちになりたいと思ってるんじゃない? もしかして。アンタの言うお金持ちって、いくら持ってるヒトをそう呼ぶの?
「幸せにしてくださ~い」って頼まれてもさ、「お金持ちになりた~い」って叫んでもさ、聞き届ける神様だって、「お前の幸せってなんやねん? ワレ、銭っていくら欲しいんじゃ?」って言うと思うわよ。
とにかく自分なりの基準を持たないと、ね。アタシにとっての幸せってなんなのか、アタシにとって必要なお金はいくらなのか。それを具体的に持てば持つほど、物事はスムーズに動くようになるわ。

最後に言っとくわ。アタシの思う幸せとは。
いろんな経験をして感動できること。
行ったコトのない国へ行き、異文化に触れて、今までと違った価値観を学ぶコト。
食べたことのない食べ物を食べて、新たな味覚を得るコト。
理解できなかったコトが理解できるようになるコト。
できなかったコトができるようになるコト。
常に成長していきたいと願う心。成長、即ち学ぶというコト。そこには必ず感動がつきまとうわ。
そして自分が感動をしたいからこそ、人に感動を与えたいと思う。だからこそ、また自分も感動できる。
それがアタシにとっての幸せで、同時に生きるコトの意味よ。
そこにはやっぱり最低限の物質=生活必需品や、そのためのお金も必要。その心配をしなくても済むコトは、幸せであるコトには必要条件よ。でも、それだけで十分ではないハズなのよ。
物質的な豊かさだけが幸せだと突っ走ってきた現在の行き詰まりの原因は、ココにあるのじゃないかしら?って思うわ。
ヒトの目を気にして、ヒトに流されながらエコなんてスタイルばっか気取ってないで、自分をしっかり見つめるコトが必要なんじゃない? それがホントのエコなんじゃない?
今更エコなんて言わないでちょうだいって話よ。

・・・おわり

ecocolo vol.13より

2007/03/20

『野村浩平 個展』のお知らせ

野村浩平。
彼のエピソードは山のようにあるけど、書けないことも山のようにあるので、残念ながらここでは控えますが、
一言で表すれば、話が長い。
きっと感じることが多くて、それを言葉にするにあたって、または自分自身が理解するに至った経緯を、
延々と述べてくれる感じ。
そんな彼が、きっと、言葉には限界があると悟った結果、絵に至ったんじゃないかと思っています。
おしゃべりがいっぱい盛り込まれた野村浩平氏の絵、ご覧頂ければと思います。

また、会期中、野村氏と同じく絵を描き、今年の春より京都精華大で教えることになられた角田純氏とのトークイベントも行います。

ノム個展ーDM-表面

ƒmƒ€ŒÂ“W[DM3

『野村浩平 個展』
6.10(Wed)-6.21(Sun)
15:00-23:00(22:30L.O)
Closed on Tue.

野村浩平*角田純 トークイベント
6.15(Mon)
19:30-
1,500yen(ビールorワイン付き)

お問い合わせ・お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com
075-708-8750

2015/05/30

『坐禅+和菓子W.S』のお知らせ

Solでお出ししている和菓子は、兵庫県にある、私の生家で製造しているものです。
元々は、製粉メーカーとして始まったのですが、現在は和菓子の製造も行っています。
今回、和菓子の製造を担っているスタッフに出向いてもらって、実演と実践を、
坐禅を行った後に体験してもらい、試食をして頂きつつ、禅とお茶文化について、
またお菓子の役割等のお話を聞く会を催したいと思います。

写真 (1)

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?
慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?
私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。
1人になれる場所を持ちながら1人になり切ることができません。
それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。
一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?

羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

6/20(Sat)
14:00-16:00
17:00-19:00
*各回定員12名

3,000yen(お茶+お菓子付き)
*なでしことうさぎの2種の上生菓子作りを体験して頂き、出来上がったものはお持ち帰り頂きます
*坐禅後、スタッフによる上生菓子とお茶をご用意致します

お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com
075-708-8750

2015/05/14

ZEN cafe@Sol

4/27(Mon)
13:30-15:00
1,500yen(お茶+お菓子付き)

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?
慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?
私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。
1人になれる場所を持ちながら1人になり切ることができません。
それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。
一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?
羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com
075-708-8750

2015/04/10

Ubli 1st EXHIBITION No.0

4/22(wed)-5/11(mon)

2014年より制作を開始、本年よりスタートさせた
アンティークやビンテージの照明をベースに
ドライフラワーを装飾するインテリアプロダクト 
Ubliの初めての展示・販売を開催致します。

細部まで神経の行きと届いた空間ながら
時を忘れるような落ち着きと優しさ
いつかこの空間で何かをしてみたいと思い続けていた
大好きな空間です。

Ubliの作品が見せる光と影
Solの空間の空気と時間。
二つが重なる事で、『魅入る・無・ゼロ』をテーマにした展示会。 

時の流れや環境で、全く違う表情を見せる植物たち。
色は抜け、形は変化し、静かに迎える生命の終焉。
一つ一つの作品に込めた世界観、一瞬の美しさにスポットをあてた、Ubliの作品をご覧下さい。

Solの時の流れを忘れてしまうような落ち着いた空間で、こだわりの和菓子やお茶を楽しみながら
Ubli の作品をご覧頂ければと思います。

Ubli
*開催期間中、会場に居ない日や時間がある場合があります。ご来場くださる前にご連絡頂ければ幸いです。

3ubli新聞型デザイン1

2015/03/27