At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

10月

『小峰英利 器展』+イス坐禅スペシャルのお知らせ

オープン当初から扱わせて頂いてる埼玉在住の小峰英利さんの器展を下記日程で開催させて頂きます。

小峰さんは元々彫刻家でその技術で先ずは型を作り焼物に仕立て上げるという方。

初めて作品を見たのは、東京・福生のあるお店で、ビーカー型やアルミのマグの型の磁器のもの。面白いと思いました。そこから連絡を取り、現在に至っています。

約3年の時間が掛かってしまったのは、小峰さんの引っ越しや窯の交換などが重なったためなのですが、その分、更に面白くなっているだろうと期待しています。

そして、初日の夜、小峰さんの器で栗のお菓子とお茶をご用意しての、毎月恒例の羽賀和尚によるイス坐禅を行わさせて頂きます。

ZEN CAFE @ SOL

10/30(Wed)

20:00-21:30

1,500yen(お茶お菓子付)

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?

慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?

私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。

1人になれる場所を持ちながら1人になり切ることができません。

それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。

一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?

羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

お申し込みはコチラ

reservation@pushalley-oilalley.com

075-708-8750

075-708-8750

10/30(Wed)-11/4(Mon)

12:00-20:00

*会期中は無休

*作家全日在廊

SOL

2013/10/07