At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

8月

仲原杏子テキスタイル展『Textile&Text』

テキスタイル作家、仲原杏子さんの初の個展をSolでやって頂くことになりました。

2F南側の床に合わせて彼女に織ってもらったのが切っ掛けで今回、内装工事やってくれた堀川クンとも旧知ということなので、設営もコンビでやってもらいます。

2011.9.22(Thu)-10.3(Mon)

11:30-21:30

*9.27(Tue) 定休日

瑞々しい苔の庭

一面に夕暮れの空が映る湖

透明な朝の空気

どこまでも深く、鋭い寒さ

温かい人たちの心

京都とスウェーデンで感じた時間の展覧会です。

仲原杏子

1987年生まれ。

京都・スウェーデンで染織や刺しゅうなどテキスタイルを学ぶ。

葉や木々から感じる安らぎをモチーフに作品制作を行っている。

また開催期間中、

「いしいしんじのその場小説と蓄音機のコロちゃんライブ」

も行わせて頂きます。

9.23(Fri)

14:00-

1F イス席 30名 2,000yen(w/1D) 

2F 板の間 20名 1,500yen(w/1D)

*1Fはガラス越しに、2Fはモニターを通しての鑑賞になります。

*1Fはその場の緊張感とともに、2Fはゆるーくワインなんかをすすりながらリラックスして。

いしいしんじさんと仲原さんも以前からのお知り合いとか。TextileにはTextで、といしいさんからの発案で今回のイベントが実現しました。

そしてこの場所で、どんな音の回り方をさせるのか、コロちゃん。

当日のドリンクメニュー・・・考え中です。

お申し込みはコチラ

reservation@pushalley-oilalley.com

*電話によるご予約は承っておりません。ご了承下さい。

*予約時に1For2Fのご希望をご明記下さい。座席は当日受付順とさせて頂きます。

Sol

2011/08/31

新しいmenu

土が合わず枯れたか、と思ってた姫大山蓮花の根元から新芽が。
始めました。
素麺南瓜とジ男爵芋のカレー。
時々、変わります。
器はBirbira。
でもいろんな組み合わせでお出ししてます。
尚、ライスも可。
チャイも復活。
Floorの時とは茶葉を変えて作ってみました。
シロップと蜂蜜も違うものにしました。
初の試み、クスクス。
小峰さんの器の新作が少し、入荷しました。 
まだまだ日々暑いですが、お近くにお立ち寄りの際は是非。
Sol

2011/08/26

9月の講座スケジュール

小島先生『体と心の講座』

9/12(Mon)

19:00-20:30

満月の夜、体の陰陽を知り、月の健康への影響を学びませんか?

2,000yen(むしやしない付)

羽賀和尚THE ZEN KAI@Sol

9/20(Tue)

6:30-8:00

お彼岸初日、出勤前に坐禅を組んで頭スッキリしてからのご出勤は如何でしょう?

2,000yen(おはぎ+サンドイッチ+お茶付)

お申し込みはコチラ

reservation@pushalley-oilalley.com

*電話によるご予約は承っておりません。ご了承下さい。

Sol

2011/08/25

お休みのお知らせ

 先週の展示会期間中の振替で、今週は第4週ですが、明日と水曜日をお休みとさせて頂きます。

よろしくお願い致します。
Sol

2011/08/22

写真家・亀村俊二

亀村俊二さんという写真家をご存知ですか?
そんなに写真というものに魅かれず、いい写真とか上手い写真とか判断できなくて、雰囲気でジャック・ピアソンとか好きやけど、単に好き嫌いでしかないんやな、写真って。写真のことはよくわかってない。
それでも自分なりに好きだと思う写真は、光や色やの視覚的要素でしかないところに、音や匂いや他の五感の要素まで含まれてそうなもの。トリミングによってドキッとさせられるものも好きやけど、それは頭の世界な気がして、もっとその人の心で観た世界が見てみたいと思ってる。

15年くらい前、R246の青山ブックセンターでたまたま亀村さんの写真集を手に取った。
一目で好きやと思って買った。
写真集は資料的にAmazonで買うことが多くて、好きで買ったのはそんなにない中の1冊。
そんな彼は京都在住で、先日スタジオに遊びに行かせて頂いた。
凄く素敵な笑顔をされる方。

で、本日より写真展がスタート。
早速見せて頂きに。
絵のようで、ザラっとしてて、湿ってるようで、デジタルのようで、超アナログ。
1枚欲しいと思う写真があった。そんなこと今までなかったのに。
お時間ある方は是非、ご覧になって下さい。

亀村俊二写真展
『日本のこころ〈時空〉その二』
京都文化博物館 5F(高倉通姉小路下ル
本日より21(Sun)まで。

Sol

2011/08/17

準備完了!

またKBS京都にて喋らせて頂きました。

余談ばっかで時間終わってしまった・・・。20分って思ってる以上に早い。そうやって時間感覚を身体で覚えていくのかもね。

また来月も喋らせてもらいます。

午後から小島先生の講座、『ERIKA』とrinnちゃんのロウソクの設営、五山送り火。

 

初めて見たけど、良かったな。

花火大会もいいけど、こちらはこちらでシンプルで品があって、スケール大きくて、良かった。

隣にいた90歳くらいのおじいさんが、数珠に合掌しながら、来年も送れますように、と言うてはったのが印象的。

さて『ERIKA』。

奥に『ERIKA』の文字入りロウソク、rinnちゃん作。

2Fにはまた違った形と演出が。

10月or11月に、河井寛次郎の器で安来のお茶会!を寛次郎記念館の鷺さんにお願いしました。

また、スターネットの馬場さんにトークイベントをやって頂こうと企画中です。スターネット大阪、リニューアルしたようなので、お近くの方は是非。

更に近々、角田純さんの絵を展示させて頂きます。

いろんな方の力をお借りして、知恵と経験を得る機会をいっぱい持ちたいなと思ってます。

京都って街にはそんな機会がいっぱい溢れてるけど。

そうそう、火入れのタイミングで大文字の側まで行って京都の街を振り返ると、町中がフラッシュで光ってるらしい。それはそれで面白い。フラッシュでも「大」とかなってたら、伝統の発展系とはならんのか。そもそも品がないか。マスゲームみたい。

つーことでこの暑さも堪能中です。

夜は揺らぎで生ビールを。

Sol

2011/08/17

123