At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

8月

お陰で寝不足

昨日は買物行って投票して、その後はTVにかじり付き。
20時ジャストの出口調査の結果は民主320超、自民100弱。
結果違ったけど、まぁ似た数字。
それにしても深夜に比例での自民大物復活相次いだけど、どーなんやろ?
小選挙区と比例での比率がなんだかおかしい気がするけど。小選挙区で民主に入れて、比例は自民って人が多かったってこと?民主の比例候補が足りなくて、自民に転がったとしたら、それこそどーなの?って思うけど。

井上信治議員もめでたく当選。土曜日、車で走ってたらちょうど信治議員の演説中の脇を通過、秘書さんと少し話したら、ここは他ほど風当たりは強くないと仰ってたけど、その感覚は正しかったみたい。ここ25区は民主公認がいなかったってのもあるのかもしれんけど。

気になる発言が随所にあった。
藤井裕久氏が、平成に入ってから加速度的にこの国がこの国でなくなってきたけど、それは小泉竹中の構造改革だけでなく、公明党が与党であったことも大きいと言うてて、そういや公明党、小選挙区では1議席も取れなかったもんね。20世紀少年の影響ってあったりする?その意味で民主が勝ったのは大きい。
そして城内実氏。無所属で政党助成金もなく、自民も民主も抑えて当選。郵政造反で刺客立てられて落選から4年。自民に戻る道もあったのに蹴っての今回。そういやあの時戻った野田聖子とか選挙区では負けたしね。勧善懲悪。
その城内氏、この4年間で郵政民営化の裏側、闇、暗部を知ったと言うてて、その辺のこと、是非よろしくと思う。rereの姉の旦那が簡保でね。内部の人はよく知ってる。

まぁワシは民主党に期待はしません。期待したいけど、裏切られて腹立てるのはもうたくさん。この国がどうあるべきか、それを考えるのは政治家だけの仕事ではないはずやから、もう一度それぞれが歴史認識をし直すべき時にきてるんじゃないのか、そう思います。

最終自民が119、民主が308。構成数が物語ってるわ。

2009/08/31

実るほど

今日、こんなことを聞いた。
コヤブソニックって知ってる?
小薮千豊の笑いとライブのフェス。
あの人、センスいいね。
キョンキョンとかスチャダラとかチャラとか、笑い飯とか千鳥とか。
で、良恵も出たいって言うたら出してくれることになって、それが先週末。
良恵いわく、小薮がすごい腰低くて、鼻毛出しながらみんなに丁寧に挨拶してて、もーすごかったと。
打ち上げの席でみんなから、小薮はすごい!と声が上がり、それに対して小薮、
「自分の仕事は舞台で笑いをとることやなくて、挨拶や頭下げることが仕事です」
今度前半変えて使こうてみよ。
したいこと、好きなことは仕事ではなくて、したいことで、好きなことでしかない。
それをするためには人の協力は不可欠。
打算ではなく、心底そう思えるかどうか。

ブログなんて面倒臭いと思ってた、と良恵。
でもヤツは最近自分でアップするようになった。
面倒臭いことを嫌がるのではなく、面倒臭いことを当たり前のこととすればいい。なんならそれすら楽しめばいい。
そう思うようになってから、歌が楽になった、肩の力が抜けた、と言うてた。
うちのオヤジも同じようなこと言うてた。
中小企業のオヤジなんてつまらんもんやぞ。と。
したいことのうち8つか9つは我慢せなあかん。
その覚悟がつかへんかってんな、今までワシ。
実るほど頭を垂れる稲穂かな
オカンがいつも言うてるわぁ、と言うてた。

なんか、島木譲二もおったから一緒に写真をと頼もうと、さっき出てたエゴラッピンですって挨拶したら、
「わて、なんも知りまへんねん」
言いながら、ごめりんこでポーズ。
その後、灰皿と一斗缶を渡され、もう一斗缶はイヤやと言いながら舞台に立ち、戻ってきた時には汗だく、息も絶え絶えで、しばらく動けなかったらしい譲二。
壮絶。
プロってすごいね。
良恵は、みんな一流やったわ言うてた。
そんな人達と一緒できるアナタも十分一流やと思いますけど。

なんか思い違いをしてたことって、いっぱいある。
ここ最近、それに気付かされることが多い。
昨日の『罪悪感と無価値観』も結構ドキっとした。
考えてみれば既に1人の人間として、現に生きているのに、価値がないはずがない。
同じ人間なんていないのやから、みんな初めから個性があるに決まってる。
だから自己表現や個性を発揮する必要なんてどこにもないのに、なんだか自分を認めて欲しくて躍起になってしまう。
うん、多くの人は、自分には価値がないと信じ込んでると思う。少なからずワシはずーっと深いところにそれがあった。
信じ込まされたのかもしれんけど、でも今それを信じてるのは自分。
じゃあ自分には価値がある、と信じてみたらどう?
いつやったかそう思った。
それに気付いたからお店やめて、自然の多いところに住んでみたいと思った。
それが2年半前。
人に言えないこともいっぱいやった。
とは言え、その全てを知ってる友人は何人かいるけど。
弱さとか、セコさとか、狡さとか、自分の最も嫌いとする部分を自分も持っていることを認めたくはなかったのかな。
昔からオヤジに言われ続けた、スケールの大きい人間になれという言葉の呪縛から、ようやく解き放たれた気分。
セコいってスケールの小ささを指すというても間違いないやん?
そんな恐ろしいこと、できませんって心理やったのかもしれん。
オヤジの期待を裏切りたくなかったんやろな。
別に期待なんてしてなかったみたいやけど。
こっちが勝手に期待と捉え違えただけで。
期待ではないあの感情は、親にならないとわからんのやろな。

ちなみにスケールが大きいってどういうことか、その答えがずっと見つかってなかったのやけど、最近、公を考えられるかどうかなんちゃうかと思うようになってきた。
自分を認めてもらうことに労力を割くのではなく、相手が本質的に必要としているものを提示することなんじゃないかと。その相手の範囲をどこまで拡げられるのか。
そう思えば、マザー・テレサとかガンジーとか、凄過ぎる。
一番深い本質の部分、欲求を掬い上げたってことなんやと思う。

オヤジがよく、人生はやり直すことはできひんけど、立て直すことはできる、と言うてた。
地盤沈下してんねんもん、基礎しっかりやり直してからでも遅くない。
その遠回りができてよかった。

今、いろんなことが、ストンッと自分の中に落ちてきてます。
とりあえずは、頭を垂れれるほど実ること、を目標に頑張ってみます。

2009/08/27

罪悪感と無価値感

mixi見てると友人が、『弔辞』というタイトルでエントリーしてて、気になったので読んでみたら、なんのことはない、よくある性格診断による、その人に向けたふざけた弔辞ができる、みたいな。
ちなみに弔辞にあたり、ワシ、お地蔵さんにヒゲを描いた罰で、全裸で木にぶらさがって死んでたらしい。
挙げ句、chez…結局大した経験もなく…女の子の扱いが下手なまま死んでしまったね…。出会ったころのchezは、「オレ、女に興味がないんだ」とか言ってたけど…昨日、chezの部屋を片付けてたらいっぱい変なDVD出てきたよ…。「見ると7日以内に死ぬ」ってカモフラージュしてあったけど…。
なんじゃそれ。まるで見てきたかのよう。カモフラこそしてないけど、その通り。
興味ある人、やってみて。

で、その先に更に詳しい診断みたいなんがあるのやけど、ちなみに無料、それが以下。
友人と砂漠を歩いていて、自分だけが水を持っているとします。友人は喉が渇いて死にそうです。そのとき自分は「罪悪感」を抱きます。水を持っていることは悪いことではないのですが、苦しんでいる人を前にすると「自分だけ幸せになってはいけない」という「幸せ(自分の価値)を削るブレーキ」が働くのが人間です。

恋愛で言えば、例えば「私(オレ)のこと好き?」とやたら聞いてくる人を前にしたとき。このとき、相手は自信がなく、自分に価値がない感覚(無価値感)に陥っています。無価値感を見せられた自分は、重苦しい気持ちになります。これが「罪悪感」です。友人から「私の好きな人は、みんなあなたにもっていかれちゃう…」と言われたときに感じるのも「罪悪感」です。彼氏などから「うちら一生別れないよな?」と言われて「うっ…重っ…」と感じるのも「罪悪感」です。

罪悪感を感じると、重苦しくて「めんどくさっ」と思い、避けたくなることが多いようです。「逃げたいのに犠牲的になってしまう人」もいますが、基本的には会う回数を減らすなどして避けたくなります。そして表情がこわばります。心の距離もとりたくなるので、感情を表さなくなっていきます。「浮気がバレた人」「別れを切り出す人」など(罪悪感を感じている人)を想像すると、表情が消えているのがなんとなく思い浮かぶのではないでしょうか。

罪悪感を普段から感じやすいような人は、表情が固く、人との距離感も遠いものです。心の距離をとるので、人を寂しがらせます。そして恋愛から逃げ腰になるため、罪悪感の強いタイプは「ふる側」になったり、束縛されるのを嫌ったり、メールを返さなくなったり、好かれると冷めたりします。

罪悪感、恐るべし。
ちょっと罪悪感ってものを思い違いしてたかも。
でも、自分だけが幸せであればいい、とも思えん。
誰かの無価値感に触れた時、その立場への理解が必要ってことなのかもね。

2009/08/26

問答無用

『臨死!!江古田ちゃん』第4巻タイトル。
はぁオモロい。
55話『野郎花』57話『御肉』の扉に共感。

こないだ憧れについて書いてみたのやけど、ちょっとした反響。
別に特定の個人を想定した書いたわけではないのやけど。
あなたの表現、全てが好きです。
そんなことってあり得るの?
ワシは、白洲正子のチョイスの全てが好きなわけではないし、好きな作家の全作品が好きではないけど。
恋愛と同じで、相手の全てが好きだと豪語してたのに、2,3ヶ月もすると、あそこがイヤ、ここもイヤ、挙げ句価値観が合わないと言い出す始末。価値観なんて違うに決まってる。自分に合わせさせるのか、相手に合わせるのか、それもちょっと違う。お互いすり合わせていくしかない。

どこどこのブランド好き~とか言いながら、全く関係ないのにファミリーセールに潜り込むって、憧れだけで、敬意はない。価値観どうのという前に、自己の価値観が確立してないことに気付くべきでしょ。

江古田ちゃんが、自分の状態を常におもんぱかるのが趣味です。
っていうてた。
自分て一体誰なのか。
その答えがない人が、人に憧れるのだろうと思う。
その答えを教えて欲しいと思うけど、結局は自分で見出すしかない。

2009/08/25

トモダチ

結局誰やってん・・・。
『20世紀少年』読んだ?

トモダチって言葉は共通でも、その意味する内容と範囲は、人によってかなり違う。

その人の願いを聞き叶えてあげたいとは思わない。
既に本人は自分の欲求に気付いてるのやから、自分の力でやればいい。
甘えから始まった関係はお互いに良い結果を生まない。
いい加減、同じことを繰り返すのはやめます。
どーせなら、その人の喜ぶことをしてあげたい。
その人が気付いてない本質的な欲求に気付いて欲しい。
そう思い合える相手を友達と呼ぶのかな。
相手の方法が下品でも、稚拙であっても、全くツボでもなくっても、その喜ばせようと思ってやってるってことは伝わってくる。
人を喜ばせるために必要なのは、努力・根性・忍耐。
そんな当たり前のことが古い価値観とされ、消えかかってるのはなんでなんやろ?
本当のトモダチ付き合いをしようと思うなら、努力・根性・忍耐を抜きしにて話は始まらん。
努力等を抜きにして、本当のトモダチを作ろうとすることは、砂漠で雨乞いするみたいなもん。
努力等抜きでの付き合いなら、知り合い程度の距離なんじゃないの?
メリットもデメリットも半々。
メリットだけ、便利だけ、快適だけ生きていくなんて無理。
デメリットだけ、不便だけ、不快だけで生きていくのも無理。
不便なことを受け入れる。
最近、受け入れるって、忍耐すること、なんちゃうかと思う。
受け入れるって今イチピンとこない。忍耐でええやん。

なにはともあれ、純粋に喜ばせたいと思う相手と、常に自分の知らない世界を教えてくれる相手が周りにいてくれてることに、感謝します。
トモダチ、バンザイ。

あ、アエラで浦沢直樹特集やった。これから読みます。

2009/08/24

お疲れ様でした

今頃、昨日調子に乗り過ぎたことを後悔しながら、シミの心配をしてるアナタ、いいんです。
そのシミを見る度に昨日のことを思い出して、苦笑いしましょ。

一言で言えば恥ずかしかった、のかな。
自分が作ったものが目の前で食べられることが気恥ずかしいのやろうと思う。
それはなんやろ、どっかに自分なんかがっていう思いがあるってことなのかもしれない。
謙遜じゃなくって、卑屈な思いの方。
でも同時に、絶対に美味しいハズ、という思いもあったりする。
カレーの隠し味は、高知の手作りのイカの塩辛。これをくれたのは、サカエちゃん、Floor最後のスタッフ。彼女はこないだ30歳年上の男性と結婚、いい結婚式でした、そして今は新婚旅行でフィンランド中。そこの塩辛は甘口と辛口があって、甘口はみりんがきいてて、ものすごく美味しくて好きなのやけど、辛口は苦塩っぱくて、もっぱら隠し味で活躍。
これを見抜いた人が1人だけいました。A柳33歳。うれしいような、しゃくに障るようなような。

真文のレシピも、伊藤ちゃんのパンも、今加賀谷家へと引き継がれたレシピも、石塚さんの実家の蕎麦屋の七味も、トモヒの汗も、こーちゃんの遅刻も、石井ちゃんの毒舌も、そして現在の森田家のレシピも、全部詰まった100食完売。
あーざーす。

人を自分に引きつけて観る人が多い気がする。
勝手に妄想して美化をするというか。
それを憧れと呼ぶのやと思う。
白洲正子が、
憧憬や心酔は畢竟、なんの役にも立たない。
と書いてた。
ドン引き覚悟で書くけど、憧れられたくてこんなことやってるわけじゃないのです。
ただ、安全で、美味しくて、目にもキレイで、そんなものと過ごす時間と空間が大事だってことを提示したいだけ。
こないだルイス・バラガンの世界遺産かなんかの録画を改めて見たのやけど、
現代の建築家の使命は、静けさに溢れた住まいを創ることだ。
みたいなことを言うてて、静けさかぁと思った。
人に憧れてる暇があったら、自分が憧れれるような自分になればいい。やるべきことはいっぱい。同時に静けさの持つ意味を考える時間を持つようにしたらいいと思う。きっとそれが静けさなんやろうけど。
酒井法子を清純派と認めたんは誰なん?勝手に期待してただけなのに裏切らてたと騒いでるだけに見受けられる。そもそも今の日本に清純な人っているのかね?自分にないものを人に求めたらあかんと思う。やったことの追求と人間詮索は違う。

先週、長姉の旦那、義理の兄が来てて少し話したのやけど、これから会社で米を作ろうと、同じ思い。今の商い全てを自給するのは到底無理やけど、少なからず自作の米で作った粉からの和菓子は創れる。米作りは、農業高校出身の子達が何人かいるらしいねんけど、きっと本人達も自信に繋がると思うから、その子達中心にやれたらなと思ったり。

本当は1組ずつ自宅に招いてもてなしたい。
そういえばもてなされることが上手い人は、気遣いもできるな。
相手のルールを見抜いて、下品じゃない程度にくつろいで、気を遣わさないように、気を遣える。
そういう人を粋、とかいい男とかいい女とかいうと思う。
昨日も何人かから粋な計らいを受けました。
やっぱり自分が忘れてたようなことを覚えててくれて、実現してくれたり、したいからする、ってだけのシンプルな人の存在は、有り難い。
あなたが必要だと伝えることはすごく大事。
結局信用ってそこから生まれる気がする。
曲がりなりにも日本男児として育てられたので、そういうことを口にするのがどうも憚られます。
来て下さった皆さん、場所と人力を提供して下さった皆さん、ありがとうございました。
楽しかったっていう以上になんだかんだいって、気持ちよかったです。

またなにかをどっかで。

2009/08/23

12