At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

3月

大切な時間

奥多摩湖の先、山梨に入ってすぐの場所に、一之瀬村という廃村があるので、行ってみない?との誘い。青梅街道を北西に進むと、林道への分岐、そっちに進むこと約20分、突如村落の出現。決して廃村ではなく、住民はいた。
どーいうことなんやろ?
電気はきてそう。きっと水道も。ガスはプロパンなはず。
こういうところまで道もインフラも整備、日本てすごいねって思った。
もちろん住人がそれを望んだかどうかは別の問題にしても、山奥に住む権利は保証されたことになる。
でもどーやって生活してるのか、疑問。
自給自足?年金生活者には現金支給はあるやろうけど、それ以外の層はどこか働きに出るといっても、それだけでものすごい労力やろうし、だとしたら現金収入をどうやって得てるのか、見えない。
かつては良質の木炭でも街に売りに行ってたのかも?でも現在は若者は街へと移り住むしか生きてはいけないのかもね。
なんだか釈然としない思いを抱えつつ、来た道を戻ると、廃校も発見。もう子供もいないってことかも。

見晴らしがいい場所で少し休憩。

すごい谷。写真では映り切らないけど、とにかくすごい標高差。
こんな経験なかったかも?と言うと、友人に意外な顔をされた。その友人はムービーのカメラマンで、月の半分はどっかに行ってる。こないだはモンゴルの少数民族や、パプアニューギニアの原住民なんかを撮影に。秘境なんて珍しくはないみたい。来月から約2ヶ月、ネパールからヒマラヤへ行くらしい。そんな体験を持ってる人は、言葉数は少なくても、感じてることの層は厚い。

まだまだ寒空。でも春の匂い。

ふと足下を見たら、ゴミだらけ・・・。
どーいうこと?

そしてここまで山奥に来ると、杉の木はあまり見当たらない。このあたりの5月は、それこそ楽園やろうな。

帰りは奥多摩周遊道路。
視界の左隅になにか動くもの。見たら、猿の親子。野性?と思ってUターンしたら、1本の木に50匹くらいたわわに猿・・・。
そんだけいると、もう怖いです。

ヒィーと逃げるように走ると、また2匹。ちょっと写真を、と思ったら、威嚇のポーズ。
きっと鹿や猪や狸なんかも当たり前にいてるんやろな。

ブータンのある集落に毎年鶴が舞い降りるらしいのやけど、そこにインフラ整備の計画が持ち上がった際、住人は、電線があると鶴が来なくなるかもしれないので、と、便利さよりも、鶴との共生を選んだらしい。
通常、放っておくと、もっともっとと思ってしまってるもの。無意識に安全装置が働くというか、ストックが欲しかったり、保証、保険を求めるもの。それが間違いだなんていう気はないし、心理ってそんなもんやと思う。ただその無意識を意識できるかどうかが重要になる。
きっと幸せになりたいと思うのも、そういうとこからきてるのやと思う。
でも。
幸せになりたいって思うってことは、現在、幸せではないと言ってることに等しい、ってこと。
現状幸せではないという認識をしている以上、幸せになんてなりようがない、わな。
そもそも、幸せってなに?って話。
誰かや、なにかの不幸の上に成り立つ幸せって一体?とも思うし。
もちろんなにものにも迷惑を掛けずに生きるなんて無理な話やから、せめてそうだということは認識して、そこに自戒と感謝を持たないとと思う。

『最後だとわかっていたなら』(ノーマ・コーネット・マレック)

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのをみるのが 最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返して見ただろう

あなたは言わなくても わかってくれたかもしれないけど
最後だとわかっていたら 一言だけでもいい・・・・・・
「あなたを愛している」と わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで 今日で全てが終わるのだとしたら
わたしは 今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないものだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら 今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスするための ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切なひとたちを
しっかりと抱きしめよう そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時をもとう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

クサいっちゃクサいけど、こういう気持ちってすぐに忘れる。
幸せってなんやろね。

2009/03/28

70年前も今も

青少年に、判断力や批判力を与える必要はない。彼らには、自動車、オートバイ、美しいスター、刺激的な音楽、流行の服、そして仲間に対する競争意識だけ与えてやればよい。青少年から思考力を奪い、指導者の命令に対する服従心のみ植え付けるべきだ。国家や社会、指導者を批判するものに対して、動物的な憎悪を抱かせるようにせよ。少数派や異端者は悪だと思いこませよ。みんな同じことを考えさせるようにせよ。みんなと同じように考えないものは、国家の敵だと思いこませるのだ。

これはヒトラーが、宣伝相のゲッベルスに言ったとされる言葉、らしい。
このプロパガンダが今も行われてると思っても、なんら差し支えない、と思う。

この植え付けが先なのか、そもそも人間という生き物がそういうものなのか。
なんだかなぁ。

2009/03/22

雨降りの銀座

相変わらず新宿駅南口あたりは軽く渋滞。内堀通りから日比谷、銀座。
用事が済んでその後の約束の時間まであったので、意味もなく赤羽橋方面に向かうと、

東京タワーの真下へ。

やっぱキレイやわ。

途中、高そうな車で、高そうなスーツ着た、50歳代であろうオッサン等何人かが、やねんけど、車線変更したいのに全っっっく入れてくれへんねんな。
オバハンではなく、ヤンキーでもなく、結構な肩書き持ってそうなオッサンに。
余裕なさ過ぎ。
オバハンやヤンキーは余裕がないってことではないけど。
あの、絶対入れません、っていう、脇目もふらずというか、敢えて前しか見てません、な感じがまたムカつく。
こんなことでイライラするだけ無駄、と鼻歌とか歌ってみたりしたけど、さ。
なんなんやろ、あの、我先にってノリ。
逆に自分が入りたい時は強引に入るのかね?
危ないわ、ホンマに。
ノブレス・オブリージュって言葉、覚えた方がいい。

2009/03/13

お知らせ

来週より、少しずつ暖かくなってきたし、確定申告も終わったし、『Mitate』も出たし?ということで、毎週火曜日のみのお休みとさせて頂きます。

で、3/31(Tue)-4/7(Tue)の期間は、展示替えしつつ、実家でお祭りがあったりするので、幼馴染のmea共々帰省しつつ、ということで、勝手乍らお休みとさせて頂きます。
ちなみに4/8(Wed)からは『ホーロー展』が始まります。

宜しくお願いします。

2009/03/12

本物・偽物

散歩してたら、川の真ん中に白鷺。

全っ然わからんけど。

確定申告もメドがついたので、落ち着いたところで『Mitate』の白洲・茂木対談読んでみた。
ハッとする部分と、共感する部分と、笑える部分とで、読み応えありです。詳しい感想は、敢えて書きません。
でも1つだけ。
気付くというのは、「付く」わけやから、自分になにか神様みたいなんが「付く」ってことじゃないか、みたいなくだりに、それこそ気付かされたかな。「付く」というより、「憑く」って感じ。
「疲れる」も「憑かれる」と聞いたことがあるけど、実際肉体的な疲れとは別に、変な気をもらってしまって疲れた=憑かれた?みたいな時もあるしね。

夕方、また散歩。
calmeのウンチが白い。
偽ウンチ。
ティッシュの食い過ぎやっちゅうねん。

道すがら、パンジーが咲いてたのやけど、画像左の道路との境に、なぜが造花のガーベラが1列に。よーわからん。ペラッペラやねんけどな。
でも偽物も別に嫌いではないです。ただし、偽物だとは知ってたい、かな。偽物を本物だと錯覚して生きてくことは、ちょっと無理。

こないだ知人と話してたら、器は100円ショップで買うという。なんで?と聞いたら、なんとなく、と。器は100円ショップで!と信念持ってたらそれでええけど、それではちょっとな、って思ったな。
別に高いからいいとか、安いからダメとかってことではないんやけど、やっぱいいものはそれなりの値段はするし、ま、値段の問題ってより、自分が気に入ったものであったら、大事にするでしょ。その扱い方は丁寧になるやろうし、その所作がきっと美しいのやと思うし。
それとは別に、こんなもんが100円で買えちゃうの?ってもんが売ってたりするやん?もちろん安く買えるのはありがたいけど、どう考えても採算合ってないんじゃないの?って思うものってある。それはきっとそんなに遠くない国の人達の、タダ同然で尚且つ過酷な労働があってこそ成り立ってるんちゃうのかな。自分だってできるだけいっぱい報酬は欲しいんやから、誰だってそうやろうと思う。自分の欲望が、誰かの犠牲の上にあることに少し意識してみる必要があるのかもしれない。
壊れても惜しいとは思わないものを使うと、扱いが雑になるのは仕方ない。それが悪いとは思わんけど、でも気に入ったものなら大事に扱うわけやねんから、どうせなら、1つ1つそんなものを見つけていったらいいんじゃないのかなって思う。
そもそも、古伊万里でもなんでもええけど、そんな割れて当たり前のものが200年なんて時を経て今にあるなんて、きっと使ってきた人達も大事に扱ってきたからこそ。気に入ったものを見つけて大事に使うってことは、大体、自分を大事にしてるってことやもん。そんな人は、人の大事なものも大切にできると思う。
テキトーなもの選びはきっと、自分を蔑ろにすること。そして、大事にしようとも意識せずに、壊れたらまた買うの繰り返し。その時、他者を大事にできてるとしたら、それは驚き以外の何ものでもない。そんなことはあり得ないと思う。
今の世情の殺伐とした感じの原因の1つに、そんなこともあるんじゃないか、と思うのです。

2009/03/11

本日発売!

ネットが繋がらなくてイライラしてたんやけど、ようやく原因がわかって復活。
便利な機械を使ってるはずが、どうも機械に使われてるような・・・。

さて、出ました、『Mitate』。
厚かましくも10Pも頂いて、偉そうなこと喋っております。
大手書店で扱われてるそうなので、ご興味ある方は是非。
特集は、白洲信哉と茂木健一郎両氏の対談。読む価値ありそうでしょ?ってもその対談、まだ読んでないのやけど。
白洲さんといえば、最近NHKでドラマでやってた白洲次郎、正子両氏のお孫さん。あのドラマ、オモロかった。青山二郎、最高。見落とした方、原作もオモロいのでそちらでカバーしてみるのも手。


散歩中に見つけた家。
なんちゅうかわいさ。
でも残念ながら?現在、住人あり。

『資本主義はなぜ自壊したのか』
読んだ人いる?

2009/03/10