At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

7月

ド★ビーチ

今日はカルムとロックのお見合い。お見合い?♂同士で。
高木さんちにもロックという名のダルメシアン♂4歳がいて、うちのカルムは1歳半、ロックにカルムの教育をしてもらおうという目論み。

14:00、rere、bacoが葉山到着。2人がランチしてる間に、見れてなかった『CHANGE』の最終2話を1人鑑賞。
その後一色海岸へ。

ロック大人で、カルムのしつこさに辟易。
カルムはお腹を噛まれ、撃沈・・・。

陽が落ちていくと、海の向こうに富士山のシルエット。素晴らしい夕焼けの空。
洗濯機が回ってるのを見てるとやめれなくなるのと同じく、刻々と変わる空の色に夢中。みんなボーッと空眺めて溜め息。
唯一変化しないものは変化するということだけらしい。ただただ変化していく状態を眺める時間って、必要かもね。

2008/07/27

助っ人

一色海岸で海の家をやってる友人から、明後日映画の打ち上げパーティがあるのやが、料理を作ってくれないかと頼まれたので、急遽やることなった今日。
オダギリジョーが来ると聞きゃ、やるわな。

先ずは、南瓜の冷製ポタージュ。蕪の葉を茹でて刻んだものを浮かべてみたりして。
茹でたじゃがいも、人参とソテーしたマッシュルームをニンニク、アンチョビ、ケッパー、オリーブオイル、千鳥酢で和えたもの。
蕪とカリフラワーとオクラを柚子胡椒とオリーブオイル、千鳥酢で和えたもの。
茄子とズッキーニとグリーンアスパラのグリル バルサミコとオイスターソースと醤油のソース。イタリアンパセリとチャービルとピンクペッパーで飾りつけ。
海老を串にさして、胡椒とコリアンダーパウダーでグリル。アーティチョークの酢漬けとクレソンとディルとで飾って、ライムを添えたもの。

ここまで仕込み終わって、チャリで森戸まで豚の蚊取り線香立て?みたいなんを買いに。海沿いをチャリ。旅気分ではない、ま、1ヶ月やから旅みたいなもんやけど、でも、日常と非日常の日常寄り?でこんな感じって不思議。
無条件に楽しい。

ガイヤーンサンド。
デザートはドラゴンフルーツ、スターフルーツ、パッションフルーツ、ランプータン。お花も添えてね~。

原田芳雄氏もお越しでした。言われるまで気付かんかったけど。
で、出し終わって、隣の海の家で唐揚げとビール!

陽の光を浴びずに過ごそうとしてたのに、なんだかほんのり灼けてきてたりするのです、つーか今日で灼けたな。
そしてヒドいのは虫刺され。なんかビョーキですか?くらいな肌・・・。でもかきむしってキンカンの、あのヒーって感覚、嫌いじゃないなー。で、今夜から豚の蚊取り線香。

そんな夏の日なのです。
青春って18歳くらいに訪れるものと思ってたけど、そーでもないのかもね。

2008/07/25

そういうこと

本棚から、手塚治虫名作集なるもの発見。その2巻は『雨ふり小僧』。
その解説を立川談志が書いている。
途中、雨ふり小僧になりきって思いを語らせてるのやけど、
「モウ太(主人公)の顔ば、見たら疲れとるどに、あれは街の人の顔だに、街中疲れとるどに、日本中疲れとるどに、きっともっともっと働くだに、もっともっと疲れるだに、アレ、なんとかならんかどに・・・」
疲れている自覚って休んでみて初めて生じたりするもんね。
その後、
・人間生きるために智恵授かったら、その智恵、生きるために使うのではなく、楽をするために使い始めた
・大人が金をもうけるために、生きるちゅうことも、死ぬちゅうこともみな忘れさせて、そこから逃げれるもんと思い始めとる、もう人間というもの、生き物というものは死ぬもんじゃというところからも逃げるようになってしもた
・どうしてこうなった?TVか。それもある。夜を恐れず、山を海を怖れず、なんでも文化とか科学というもので決めてしまおう、ということに無理がある、というのを人間知らぬのじゃ
・そのうちに天気まで勝手に変えるぞよ
と続く。
さすが、な感じ。

養老孟司が、科学の行く先は、完璧な人間の創造ではないか的なことをなにかで書いてたけど、天気を変えるってこともそれに等しいと思う。
人間にとっての都合、完璧さが、他の動植物にとってそうであるとは限らない。
なにが完璧かなんてわからんけど、非の打ち所がないって人間ってのを創ったとしたら、個性はなくなるってことじゃないのかと思う。天気をコントロールしたい時もあるけど、そんな不自然なことは御免被りたい。
自然の反意語は不自然。養老孟司は、自然の反意を人工と定義してる。
素晴らしい人工のものもある一方で、自然物の代用としての人工物は、ペラペラなものが多い。温かさや柔らかさの欠如というか。それらに囲まれた生活は、同じく、温かさや柔らかさの欠如に繋がる可能性は低くないと思う。
実際、現在それが表面化してきてるってことちゃうのかな。

どうせ死ぬから、それまでいかに楽をするか。
それは、どうせお腹は空くのやから、食べるだけ無駄、だから食べないってことと論理的には同じこと。
どうせ散らかるから片付けないってことも同じ。
そんなことは無理なこと。
楽はしたいけど、楽だけでは生きていけないのは明白。
面倒臭いことを楽しむ。それを智恵って言うのかもね~。

2008/07/23

どこでもいい

こないだ散歩してたら、小川沿いの遊歩道みたいなところ見つけてブラブラしてたのやけど、奥深い所での写真を撮ったとしたら、ここはウブドとか言われると、そうかも、って思ってしまうような雰囲気。
そして今日、昨夜友人が彼女の誕生日ってことで、音羽ノ森ホテルってとこに泊まったのやけど、一緒にジャグジーに入りに来ないと誘ってくれたので、厚かましいながらも行ってみました。
山の上の、屋上にあるジャグジーからは、太平洋がドーン。30分2,000円は価値あると思う。
一色あたりで遊んで、帰りにジャグジー、そのままホテルのバーで海に沈む夕日見ながら一杯、おすすめ。
海外のリゾートもいいけど、東京からほど近い場所にも、いっぱい素敵なとこあるね~。

そんなことしてたら、いい素材を使って丁寧に仕上げられたものを見ながら、ちょっとお茶でもしてのんびりできる、気持ちのいい場所があったらいいのにと思ったので、再びあきる野に創ってみようかと思ったりしてます。
『TOCO』トコ、床。ちゅうことで『Floor』再び、なわけです。
サロン・ド★ピンクでは料理、洋裁、お花、メイク、エステなんかのクラスやって、トコでは、rereのカバンなんかと、bacoのバターナイフや、めーちゃんやマユミさんのアクセサリーや、個展、写真展なんかやっていけたらいいなーと思ってます。カフェはやる予定はなしです。ヒマな時には縁側でお茶でもどーぞって感じかな。
内装と什器はワシ担当。その販売とショウルーム的機能もあればいいかなーとか思ってたりします。
スタートは9月予定。準備始めてみますー。
ド★ピンクメンバーも増えるかも。畑仕事も本格始動かも。
可能性はどこまでも~。

2008/07/22

上京

大袈裟やけど、久々に都心へ。
Ego-wrappin'ライブ@日比谷野音。
その前に友人が葉山までやってきて、一緒にランチして、車で。

人が多くて、背が低いワシは、音だけ聞きに行った感じ。
日暮れの野外、夏って感じ、タイカレー食べたいと言い出したので、新宿でヤムウンセンとトートマンプラーとグリーンカレー。
学生の頃、タイ料理屋でバイトしてて、そこで良恵も一緒やって、そんなことをちょっと思い出したりして。

新しいシングルに、シンディ・ローパーのカバーが入ってるのやけど、いいよ~。
8/1に逗子海岸でもライブやるみたい。行くべし、よねぇ。

2008/07/21

梅雨明け?

海の日。
洗濯機がなくて、この乾きまくりそうな日々を無駄にしてきたので、ビックカメラのポイントでゲット。
洗って干すと、ガン乾き。
マクラとかもパンパン。
気持ちいい~。
ここ何年か、rere洗濯やったので、久々に自分でやったけど、気持ちいい。
あきる野に引越す前、結婚してからやから、かれこれ3年、洗濯には無縁。
やればできるのね。
18歳から32歳まで14年間やってきたことやから、余裕っちゃ余裕やけど、やらないことに慣れると、億劫になる。洗濯機のボタンを押して干すだけのことが面倒臭くなる。乾いた後の片付けも鬱陶しいしねぇ。
これに似たことって結構あったり。
ケータイのお陰で、まるで電話番号を覚えなくなってたり、ナビのお陰で、道覚えなくなったり。
部屋も片付けないと埃舞い、散らかる。見て見ぬ振りはできるけど、振りはどこまでいっても振りで、そのストレスは誰の物でもなく、自分のもの。
気持ちの良さって、結局自分で動くしか、得ようがないのかもね。

今日クウネル発売。
ド★庭、登場してます。

2008/07/20

123