At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

4月

本気の人

古くから知ってはいたけど、そんなに親しくしてたわけでもなかった友人が、山梨に引っ越したのが半年前。
彼は、とあるアパレルのプレスをやってたのやけど、ま、お互い会社が近かったので時々ランチしてたくらいの間柄、で、お店始める時、家を引き払って、現金に換えたため、家なき子なワシを3ヶ月くらい無償で転がり込ませてくれた人。かれこれ8年くらい前の話。充分親しそうやけど、なんか突っ込んだ話はあまりしなかったのよね。なんでやろ?
気付けば彼は八王子の外れに住んでて、こっちもあきる野で、車で20分くらいな距離、久しぶりに再会した時、会社辞めて、本格的にクリスマスローズ作りに専念しようかなって相談されて。絶っ対にやった方がいい!ってなって、そこからの彼の行動の早さは筆舌に尽くしがたいものがありました。
そう、八王子の時は、プレスやりながら、クリスマスローズ育てて、でももう趣味の範囲超えてて、水やり2時間、な感じ。もっとやりたいことだけのんびりやればいいよと思う、やん?趣味が高じて、それを本業にしちゃうって素晴らしいじゃないですか!

で、その彼に会いに、友人と山梨まで。一緒に行った友人は、彼が住んでた八王子の家の後釜で、そうそう、サロン・ド★ピンクの新人、リーとミッチなわけなのです。

八ヶ岳の麓、あきる野も大概やけど、更に自然~な環境。クリスマスローズはすくすく育ってました。

夜は、彼が最近仲良くなったという、ギャラリー・トラックスの悦子さんちへ。甲州ワインの、ARUGA BRANCAってとこのスパークリングとか白とか、CHATEAU lumiereの赤とか、チリの赤とか大量に買い込んで、虫食いのある、元気そうな野菜も大量に買い込んで、夕食。
ARUGA BRANCAのワインのラベルがすごくかわいくて、それだけでもう買いたくなる感じ。なんだかドン・ペリと同じ作り方をしてるそう。もちろん我が家用にもゲット。

そのお邪魔した、初対面な悦子さんもまーオモロい人で。すぐに意気投合。なんやろね、昔一緒に遊んでたよねって言われて、素直にそう思うって思った。最近そんなんばっか。
夜中、悦子さんがボソッと、人を喜ばせるためにお金使ってたら、お金の心配なんかしなくて済むのにって言ってて、名言!って思ったなー。最近、そんなことをなんとなく思ってた矢先。お世話になった人、すごく丁寧な仕事をする人、多少高かろうが、そんな人達をサポートしたいから、そんな人達のところで買い物したいと思う。もちろん値切ることなんてもってのほか。もちろん相手が気持ちで値引いて下さる分には甘んじて受けるけど。

そうやって夜は更けていったのです。

2008/04/30

家具屋巡り

最近引っ越した友人と一緒に家具屋巡り。
先ずは、碑文谷のKousei WERKSTATTへ。
新しい物件用に、鏡をオーダーで作ってもらおうと、見積り依頼。

西麻布の赤のれんでラーメン食べて、さる山。錆びた鉄板を購入。

HMVで、BachのCantatasとか、Motettenとかをゲット。音もさることながら、ジャケットがまたいいのです。
その後、紀ノ国屋で買い物。なんか最近バターがあまり売ってなくて、その理由が牛乳が余るから乳牛を殺したためって聞いて、愕然。アホか。なので、美味しそうなバターを購入。
そして別の友人宅へお邪魔して夕食。
コンテに生ハム巻いたもの、鴨とクレソンのスープ、グリーンサラダ、友人は、焼き茄子に肉味噌のせたのを作ってくれて、それにピタパン。

お邪魔した友人は、後数ヶ月でロンドンに引っ越してしまうのです。順調にいってた仕事を辞めてなぜにロンドンへ?少し寂しくはなるけど、そんな軽やかさは素敵やと思うのです。

2008/04/29

最近よく目にするもの

ゾロ目。
今日も打ち合わせのため都心へ向う中央道にて。

ちょっとわからんかもしれんけど、目の前の車のナンバーが5500で、パッと隣を見たら、・・55。その後ろが、・777で、その後ろが7777。
なんやねん?

先日も、目の前が8888。そいつが車線変更したことで、次に目の前に現れた車は・888。高速降りて目の前の車も車種違うのに8888。
なんなんでしょ。

また時計もゾロ目が多いのよ。11:11とか。
ま、なんだかラッキーっていうことで。

そんな中、また新しいお仕事頂きました。またしても個人邸のコーディネイト。以前なら、自分の思うオシャレ~な部屋にしたいと思ったけど、今はその人が、そこにいることで解放されるような、インスピレーションが湧くような、いいエネルギーで満たされるような、そんな空間を創りたいと思うのです。
おこがましいけど、その人が成長できるような空間。
住み手の好みとか、考え方とか、そんなことをインタビューして、最高の場所にしてあげたい。
CDラックのオーダーがあって、なんかないかなーって思ってたら夢に出てきて、かわいいーのです、これが。図面も完成!そのうちオリジナル家具の個展とかしちゃうかも。

したいこと、ではなく、なにができるのか、で生きていきたいと思います。

2008/04/28

ありがたいのです

昨年1年は、申し訳ないけど、ホント、遊んで暮らさせてもらいました。ニート状態・・・。罪悪感を持たなかったか?と言われれば、全くなかったとは言い切れない日々やったけど、それでも、自分が大事とすることを譲らず、どこまでいけるのか確かめたかった、自分を信じてみたかった、そんな1年でした。それも今思うと、やけど。

ある人から、年明けたら忙しくなるから、なんて言葉をもらったけど、半信半疑なままいたら、忙しいっていうか、何っ?どーいうこと?な状態・・・。こんなことあっていいの?って頬をつねりたいようなことがいっぱい。

決して忙しいってわけではない。今までの忙しいっていう概念は、時間に追われるって感覚やったけど、今はそうではなくって、本当にしたいこと、自分にとって意味のあること、それを仕事としてやらせてもらえるありがたさ、そんな感じ。だからそれに集中したい、というか、気付けばそのことを考えてる状態、そういう意味で忙しいって感覚。
きっとそのある人も、そう言いたかった気がする。
忙しいって、心を亡くすって書くもんね。

そういう意味で、昨年1年の、一見無駄に見えた、不毛な日々も、やっぱり意味があったんやなーって思います。

なんかブログ更新しないと、しないと、って思ってたら、早く書け、なメール来て、ありがたいけど、なんのためにブログ書いてるんかなーなんて考えてみたりした。自己顕示欲がなかった、とは言い切れない。だから辞めます、ってわけではないけど。

支離滅裂やけど、どんなにイヤなヤツって言われようが譲れないことを譲らなくて、よかったんじゃないのかなって、今は思っているのです。

2008/04/27

ご近所さん

こないだ友人のママ切っ掛けで行った、真木テキスタイルスタジオinあきる野。
それ以来、ちょっとしたシンパシー。
なんたってOshoの弟子ですからねぇ。
友人連れて、ランチ。

インド菜食、なのです。
別に菜食主義でもなんでもないけど、やっぱり、身体に良さそ~っていう食べ物は食べたいし、そういうことを感じさせてもらえる食べ物を頂くと、それだけで調子いいような気がするんですよね。単純?
もちろん、そんなことを感じさせてもらえる場所であり、食べ物であるのです。

2008/04/20

43歳(女性)会社社長

Q.
会社の社員たちの行動一つひとつにイライラして、つい怒鳴りつけてしまいます。最近の若い人たちを教育するには、どういう方法がいいのでしょうか?

A.
最近の若い人達・・・。アナタは若かった時がないのかしら?イライラするのは、彼等が間違ってるからなのかしら?アナタがいつも絶対正しいのかしら?そもそもどっちかが正しいとどっちかは間違ってるのかしら?アナタがイライラするのは、彼等のことが理解できない自分に対して、じゃないの?彼等の話をもっと聞いてあげなさい。社長の苦しみと従業員のそれとは同じじゃないわ。

ecocolo vol.26より

2008/04/20

123...