At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

12月

いよいよ

今年も残すところあと6時間。

今朝起きてTVつけたら、『ごくせん』がやってたのでついつい見てしまったのやけど、めちゃオモロいやんー。松潤、小栗旬、成宮クンってそこじゃないな。仲間由紀恵って好きじゃなかったけど、あんなアホな感じができることにすごさを感じました。ええ女優やなーと、誰様?な勢いやけど思ったのです。
涙しました。
泣けないと散々書いたけど、年の終わりに泣けました、『ごくせん』で。
いっちょ上がり。

親父に、今年はホンマに世話になったので、お世話になりましたとメールしたら、
来年の今の時期に今年も充実した1年だったと思える様生きて下さい。
と、読点の一切ない返事。
心得ました。
今年は、ではなく、今年も、ってところが気に入りました。実際仕事的にはどーなん?って1年やったけど、それはそれは充実した1年やったもん。

今夜は、rere、baco、めーちゃんでもらった毛蟹と天婦羅蕎麦で年越し、初詣、な予定。
ガキの使いは録画予約済み。これで心置きなく年が越せます。

学ぶことの多かった1年でした。
いろいろお世話になりました。

皆様、良いお年を!

2007/12/31

歌い納め

以前、車を買った友人が2度もお酒に飲まれて置いて帰った、という話を書いたけど、明日から下田で過ごすとのこと、本気で取りにやってきました。

お昼食べて、カラオケ。
Misiaとドリカムでシャウト!
その間、カラオケ嫌いなrereは家と教室の大掃除。スゲーっす。頭上がりません。ま、上げる気、ゼロですけど。財布握られて尻に敷かれた方が上手くいきますね。

夜、あきる野1、いや東京でも1,2争うんちゃう?っていうラーメン食いに。旭川ラーメンやねんけど、ホンマに美味しいのです。
そして年末、目白押しなTV。
今夜は、さんまのほんまでっか?みたいなんを鑑賞。真相は?みたいなのを探る番組。途中からやったんやけど、毛のない鶏とか、わりと脅威の映像、なにより、それを食べてますっていうどっかの国のオッサンが更に脅威。大丈夫なん?飼育にかかるコストが安いとか、温暖化に対応とか言うてたけど、どーかなそれは。既に輸入されてたりしてね。
ゴミの分別は無駄、とか、国産の割り箸をガンガン使え、とか、ゴアの不都合な真実は嘘が多い、とか、無茶苦茶。
ダイオキシンはほぼ無毒、とか。
どーいうこと?
さんまが、なにがホンマかわからんから、自分で調べてみる、と言うたら、誰かが、それが科学的態度ですって言うてて、それはホンマやなーと思ったのです。
なにかを鵜呑みにするのは愚かなこと、なんやろな。

お店をやってみたことも、お店を2軒持ったことも、その1軒を閉めたことも、更に全部辞めたことも、田舎に引っ越したことも、結婚したことも、車を持ったことも、犬を飼ったことも、やって初めてわかったことだらけ。楽しい思いも、苦い思いも、喜びも恥ずかしさもいっぱい。
セックスをやったことない人に、如何に気持ちがいいかを伝えたところで、所詮わからんのと一緒。確かにそれを聞けば、気持ちいいんやってことを知ることはできる。でもそれは知ってるだけ。わかってはいない。
知っててもわかってないってことは愚かなことやと思うのです。
大体、セックスが気持ちいいかどうかも知ったこっちゃないしね。相手や、相手への思いや、で変わってしまうもんやと思うし。ってなんの話?

今、世の中は失敗してはいけない、成功することだけを求められている、から知ることに重きがあって、経験してみることは失敗のリスクがあるから、避けられてるんちゃうかなと思うんです。
でも成功者は、非成功者の何倍も失敗してるもんやと思うのです。
失敗をしたくなければ、成功なんてあり得ない。
ということは、失敗も成功も意味は同じということ。
光も闇も、成功も失敗も、温かさも冷たさも、SもMも、結局は同じこと。
どちらかを否定すればするほど、否定しているものが目の前に現れます。
光しか存在しなければ、光の認識はできず、快楽しか存在しなければ、快楽を感じることはなく。温かさを感じたければ、冷たさを味わわないことには成り立たない、のやから。
肯定できるまで、それは続きます。
だってそうでしょ?
嫌なもんが嫌じゃなくなれば、目の前に現れても、既にそれに対してなんとも思ってないのやから。

失敗を嫌がるから失敗せざるを得んわけで、失敗してもええわと思えば、成功する過程に起きる試行錯誤にしか思わない。
考えてみたら、失敗のない人生なんてつまらんと思うねんなー。順風満帆、多いに結構。でもそれって退屈ちゃうんやろか?
上手くいかんことを味わうから、上手くいったらうれしいねんもん。その喜び、取り上げられたくはない。

自分で確かめてみること、が科学的態度。でも科学が扱うのは所詮現象世界のみ。
心を科学するのが、仏教やとスマナサーラが言ってた。そして仏教(初期仏教)は宗教ではないと。
知っていることをわかっていることに変えるには、自分が経験してみるしかない。それが恥ずかしい経験でも、仮に失敗に終わっても、それが成功への1番の近道、やと思う。今成功するには、如何に失敗しないか、が近道という錯覚があるんとちゃうかな。
仮に失敗せずに成功したとしても、その後一気に大きな失敗に見舞われるもんちゃうかな。中内功とか、ホリエモンのように。でもそれも人生。その後その経験を活かしゃいい。

ま、ホンマのこと言えば、成功とか失敗とか、どっちでもいい。
なにをもって成功か、どこまで行けば成功か、そんなことわからんもん。ビル・ゲイツに闘い挑むか?
勝ち組に入れる方法、教えて欲しいもん。ってか勝ち組ってなに?どこからが勝ち組で、どっからが負け組なん?
あるのはただ、自分が自分に克つことだけやと思うねんな。

今年最後の青春ソングでした。

2007/12/30

文のやり取り

めっちゃ寝た。起きたら16:00とか。寝過ぎやわ。若い証拠。

起きてメールチェックしたら、生徒さんから何通か。
他人に興味ありますか?
どうして人は仲良くなるのだと思いますか?
という質問。
とか、
鎌倉に家見つかりました!
とか。
皆さん、後々、なにかしらのメールくれはります。別に強制ではないですよ?
朝礼でSalon de Pinkのこと話しました、とか、熱海に引っ越します、とか、こんなん作りました、とか。
ほとんどの方とまだ1度しかお会いしてないのに、不思議な気分です。
でもそれに返事をすることは、自分にとってなかなか意味のある作業なんです。どんな意味かは知らんけど。
なんやろ?普段考えないことを考える切っ掛けになるからかな。

あっという間に夜。
『すべらない話』やん?
なにをもってすべらないのかわからんけど、すべってるのもあると思うけど、やっぱオモロい。ゴリのW不倫の話はツッコミどころ満載で好きやったけどな。
キム兄の話した、松ちゃんの理不尽さ、兄さんとの思い出を・・・を聞いて、ワシなんてまだまだ、もっとやっちゃっていいんや、と思いました。

来年は、もっともっとやっちゃう年にしようと思ったのでした。

2007/12/29

そして忘年会

友人宅でひっそり忘年会。
Wolfgang Tillmansの写真集と、オモロくなかったエロビ(失礼?)を、少し遅れてクリスマスプレゼント。そしたらパンツ(アンダーウェアの方ね)をもらいました。実用が大事。

昼過ぎからグウタラグウタラ、佐渡の第九と高田純次の適当伝説鑑賞会。気付けば夜中。
時間って経つの、早いねー。

仲良ければ仲良いほど、相手に自分を大事に思ってもらいたいもの。でもそれは単なる自分の希望、押し付けたところでどうなるもんでもないから、大事に思う相手を自分が大事にすること、しか結局はできない。
そう思える相手がいっぱいいてくれることがすごくありがたく思った年の暮れでした。

2007/12/28

本日のオーダー

今年最後の教室。
結局何回やったんやろ?
その集大成というべき、今日、今までで一番ハードでした・・・。
小学校の先生と、ケーキの販売をしてるという女子2名。
驚愕の事実と、驚愕の状況を聞かされて、まだまだ知らないことがいっぱいある、と思い知らされました。

料理は、豚肩肉のバルサミコソテーと、カリフラワー、ブロッコリー、玉葱、ジャガイモ、マッシュルームのスープ、サラダ、パン。

驚愕な話だけに、全然終わらず、気付けば19:00過ぎ。馬喰横山で忘年会が20:00から。全然無理やん?でも話終わらんし。
どうにかこうにか19:30、家出て、馬喰横山21:00着。
勝手に思ってる、チーム・ド☆ピンクメンバーとの忘年会@ともすけさん。驚愕のアホ集団、面白かった。

大して仕事してない1年やったけど、本日で仕事納め。
あ、昨日発売の装苑で、Salon de Pink紹介してもらってます。見てみて下さいー。

2007/12/27

本日のオーダー

本日は、盛岡cartaからの紹介の生徒さん。他人やと思えない不思議。carta夫妻は大好きです。盛岡行く人は是非行ってみて。

昨日の撮影残りの変な野菜がいっぱいあったので、それを使っての料理。鶏もも肉、コール・ラビって蕪とキャベツの合わさったみたいなんと、ポットベラっていうでっかいマッシュルームと、あとなに入れたっけ?をオーブンでグリル。
ホワイトアスパラとカリフラワーのスープ。サラダ、パン。
なんやかんやと話しました、この日も。
やりたいことがわからない。
そう言われても、ねぇ。
そんなもんはどの道、やらなければならないことが必ずあるはずやから、それをやっていくうちに、自ずと見えてくるんちゃうのかな。
ワシが今やりたいことは、ダイソンの掃除機の吸引力を確かめてみること。下らんけど、経験してみたいやん?でも今ある掃除機元気やから、そのためだけに買うのもねぇ。
やりたいこと。無茶苦茶したいなー。もっと自由になりたい。自由ってなんやろ?自分の中の思い込みからの自由。支配からの卒業!

夜、武と美輪さんの番組。
1989年、昭和最後の年、そこに絡む人間関係、みたいな。昭和天皇、美空ひばり、阿久悠、松下幸之助、中内功。すんごいオモロかった。
調和と破壊、松下VS中内の下り。思うこといっぱい。
ちょっと真面目に。
安けりゃ売れる、売るためには値下げ。
価格破壊は消費者のため。
確かにそうやけど、人は消費者であると同時に、必ず生産者でもあるのです。
消費者に目を向けすぎた結果、薄利多売が商売の王道という錯覚が蔓延してしまった。
でも所詮覇道は覇道。
王道とは、全ての人に利益が生じることを考えること、やと思うのです。
利益とは金銭の問題だけではないのです。
喜びや温かさや感謝の念、それが真の豊かさやと思うんです。

価格破壊と同時に、人の心まで軽んじて然るべき、と顕在意識では思ってなくても、無意識レベルでは刷り込まれてる人が多い気がします。
だから自分を信じることができず、諦めが支配する世の中なのではないのかなと思います。
要は愛が足りない。
愛の反対は憎しみではなく、無関心であるならば、愛とは関心を持つってことなのかもしれない。自分自身に、他者に、関心が無くなることは、愛がないってこと、ちゃうのかな。

そのものの価値を、その価値以下で販売するということは、消費者にとってメリットがあったとしても、生産者にとっては、自分の成したことの否定へと繋がります。自分の存在意義の疑問視へと繋がってしまうと思うのです。
そんな現状なんではないのか、と思います。
それがいいか悪いかを今問うても仕方ない。多くの人がそれを望んだ結果、そうなっただけの話で、でもそれが間違ってたと思うのであれば、方法を変えればいいだけの話。

結果を変えたければ、行動を変えること。
行動を変えるには、思考を変えること。
思考を変えたければ、無意識を意識すること。

こういう番組がもっとあればいいのに。

2007/12/26

123...