At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

12月

Vol.9

でも、ヒトは意外と強いモノみたいで、知らない間に復活してた。
ただ復活したら、おかしなコトになってたの。
オカマってコトをあれだけ知られたくなかったのに、オカマアピールしちゃうのよ。「何か悪いかしら?」みたいな。
服でもそうよ。「はやってるモノは断固として着ない、ヒトと違う格好してやるわ、アタシ」みたいな。
それはそれで、結局疲れちゃってさ。
だって、自分ではそれがアタシの個性って思ってたわ。
でも、そうじゃないでしょ? 「流行」ってモノがなかったら、アタシのスタイルはないんだもの。
個性って思い込んでたモノは、結局世の中の少数派狙いでしかなかったの。
世間が存在しないコトには、アタシの個性も成立しなかったのよ。
それに気づいてから、「もうどーでもイイわ」って思って、「オカマでもなんでもイイわ、服もどーでもイイわ」ってなったの。
男がスキだからスキ。
この服がスキだからスキ。
それだけよ。だから、別になんの説明もしない。
カレがいる時にカノジョいんの? とか聞かれたら、いないってだけ答えるの。
でも「恋人いるの?」って聞かれたら、「いる」って答えるだけ。
あんまりしつこいと「カノジョはいないけど、カレ氏はいます」って答えるわ。それだけ。
引くなら引いて頂戴っ。
男と女がいるんだったら、組み合わせは男女っていう1通りじゃないわよね。
それは当たり前のコトよ。
組み合わせはさ、男男、女女、男女、よ。
それを、男女の組み合わせしか存在しないと思い込んでる、世の中の方がどうかしてるわ。
ただね、男男、女女の組み合わせじゃ子どもができないわよね?
その問題は考えたわよ。
動物は子孫を残す本能を持っている。残さなければならない、至上命題よ。
それが解消しないコトには、何を言っても正当化になるわ。
くやしい~と思って考えたわ。
それでわかったのよ。
考えたんじゃなくってさ、降ってきたの。
言ってみれば教えてもらったのよ、姿も見えない誰かに。
ここからは、ものすごーく怪しい話になっちゃうんだけど、聞きたい?
超オカルトよ。
大丈夫?

・・・つづく

ecocolo vol.10より

2006/12/20