At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

Event

角田純氏個展『All things must pass』のお知らせ

23日より、角田純氏の個展『All things must pass』を催します。
会期は、23,24,25,27,28,30,31日
*26,29は休業とさせて頂きます
作家在廊日 23,24,28,30,31
開廊時間 14:00-20:00

flower 4.72

そして、28日には、角田純氏と写真家であり、本家尾張屋16代目当主の稲岡亜里子氏とのトークイベントも企画します。
19:30-21:00
参加費 2,500(ワンドリンク付き)
お申し込みは、reservation@pushalley-oilalley.comまで。

また、現在のお店、Solは、年内一杯で営業終了、年明けに移転を致します。
ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。
新店舗につきましての一般情報公開は、差し控えさせて頂く予定です。
ご理解の程、併せてお願い致します。

角田氏で一旦最後となるSolを飾れることを光栄に思っています。
年末の慌ただしい時期ですが、足をお運び頂けましたら幸いです。

*諸事情により15-22日まではお休みとさせて頂きます

Sol

2015/12/09

若佐慎一個展のお知らせ

若佐慎一個展
『変わり続ける 変わらない モノ』

会期
2015.11.11(Wed)-12.14(Mon)

開場時間
15:00-23:00(22:30 L.O)
*Closed on Tue.

八百万の神々や物の怪など、偶像化されないもの。
「路傍の石にも神は宿る」という眼差し。
日本画家、若佐慎一氏による、絵画展。

会期中、神道と融合した仏教と絡めて、坐禅の後に、妙心寺派の羽賀和尚との対談を、
また、現在の勤労感謝の日は、戦後、神道における重要な祭祀である「新嘗祭」が行われるのですが、
その直前に、麻世妙(大麻布=神道において重要とされる)の開発者でもある、帯匠・誉田屋源兵衛氏とのトークイベントも企画します。

是非、お運び頂ければと思います。

12080922_994184557322349_1122825530_n

若佐慎一

作家在廊日
11.11(Wed)-15(Sun)
11.21(Sat)-23(Mon)
12.12(Sat)-14(Mon)

オープニングパーティー
11.11(Wed)
19:30-
エントランスフリー(フィンガーフード+ウエルカムドリンク付き*2杯目以降1杯500yen)

坐禅+対談
11.15(Sun)
18:30-21:00
2,500yen (お茶+和菓子付き)
定員 15名
妙心寺派蓮華寺住職 羽賀浩規 * 若佐慎一

トークイベント
11.21(Sat)
19:30-
3,000yen (1drink付き)
定員 30名
誉田屋源兵衛 十代目 山口源兵衛 * 若佐慎一

坐禅、トークイベント共、お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com

Sol

2015/10/05

押し問答坐禅

この暑さにも慣れてきたのか、少しはマシに感じるようになりましたが、それでもなかなか堪える夏、如何お過ごしでしょうか。
今月は、坐禅の後に、羽賀和尚に小坊主・森田が、禅問答ならぬ押し問答を仕掛けます。
ギクリやヒヤリで、よく眠れる夜にしていただきたいと思います。

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?
慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?
私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。
一人になれる場所を持ちながら一人になり切ることができません。
それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。
一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?
羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

8/28(Fri)
19:30-
2,500yen(白ワインor冷茶+上生菓子付き)

お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com

2015/08/16

『坐禅+和菓子W.S』のお知らせ

Solでお出ししている和菓子は、兵庫県にある、私の生家で製造しているものです。
元々は、製粉メーカーとして始まったのですが、現在は和菓子の製造も行っています。
今回、和菓子の製造を担っているスタッフに出向いてもらって、実演と実践を、
坐禅を行った後に体験してもらい、試食をして頂きつつ、禅とお茶文化について、
またお菓子の役割等のお話を聞く会を催したいと思います。

写真 (1)

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?
慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?
私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。
1人になれる場所を持ちながら1人になり切ることができません。
それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。
一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?

羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

6/20(Sat)
14:00-16:00
17:00-19:00
*各回定員12名

3,000yen(お茶+お菓子付き)
*なでしことうさぎの2種の上生菓子作りを体験して頂き、出来上がったものはお持ち帰り頂きます
*坐禅後、スタッフによる上生菓子とお茶をご用意致します

お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com
075-708-8750

2015/05/14

ZEN cafe@Sol

4/27(Mon)
13:30-15:00
1,500yen(お茶+お菓子付き)

普段の生活の中、背中を丸め意識もしない浅い呼吸をして、なんだかスッキリしない毎日を送っていませんか?
慌ただしい生活の中で自分が押し流されているようで心が苦しくありませんか?
私たちの日常は、携帯電話・パソコン・テレビなど、いつもなにかの媒体に繋がって、常に心が揺れ動き頭を使っています。
1人になれる場所を持ちながら1人になり切ることができません。
それらと離れて、背筋を伸ばし、ゆったりと呼吸をし、静かに坐る時間、心に気持ちの良い時間を多くの人に提供したいと考えています。
一度、和尚さんによる禅のお話とイスでできる坐禅をしてみませんか?
羽賀浩規(花園禅塾・塾頭 臨済宗妙心寺派蓮華寺住職)

お申し込みはコチラ
reservation@pushalley-oilalley.com
075-708-8750

2015/04/10

Ubli 1st EXHIBITION No.0

4/22(wed)-5/11(mon)

2014年より制作を開始、本年よりスタートさせた
アンティークやビンテージの照明をベースに
ドライフラワーを装飾するインテリアプロダクト 
Ubliの初めての展示・販売を開催致します。

細部まで神経の行きと届いた空間ながら
時を忘れるような落ち着きと優しさ
いつかこの空間で何かをしてみたいと思い続けていた
大好きな空間です。

Ubliの作品が見せる光と影
Solの空間の空気と時間。
二つが重なる事で、『魅入る・無・ゼロ』をテーマにした展示会。 

時の流れや環境で、全く違う表情を見せる植物たち。
色は抜け、形は変化し、静かに迎える生命の終焉。
一つ一つの作品に込めた世界観、一瞬の美しさにスポットをあてた、Ubliの作品をご覧下さい。

Solの時の流れを忘れてしまうような落ち着いた空間で、こだわりの和菓子やお茶を楽しみながら
Ubli の作品をご覧頂ければと思います。

Ubli
*開催期間中、会場に居ない日や時間がある場合があります。ご来場くださる前にご連絡頂ければ幸いです。

3ubli新聞型デザイン1

2015/03/27

123...