At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

今更、エコといわれても

Vol.12

生きていくためにお金は必要よ。だからといって、お金さえあれば幸せなワケ? そうじゃないって、もうイイ加減気づいてんでしょ? じゃ、幸せってなんなのよ?
幸せ=お金じゃない、それはわかる。だからとにかく幸せになりたい、幸せにして~、なヒトばっかよね。
それってさ、たとえばタクシーに乗ってさ、
「どっかオモロいとこへ行って~」
って言ってるみたいなもんなのよ。わかる?
タクシーの運転手も困るわよ。
そら、中にはさ、
「よっしゃー」
って張り切ってSMクラブへ行ってくれる運ちゃんもいるかもしんないけどさ、それは運ちゃんにとってのオモロいとこで、アンタにとってはオモロくなかった、としてもよ、文句は言えないわよね? アンタのオーダーが間違ってんだもの。
でもみんな、怒るのよ。「クソ運転手」ってね。
そろそろ、すべての責任は自分にあるってことに気づきなさい。
自分にとっての幸せがなんなのか、自分で掘り下げて見つけなさいよ。幸せという夢の国なんて存在しないわ。幸せという言葉は存在するけど、その中身は、アンタがどんな時間をどんな空間で過ごすのが心地イイのかってコトでしかないのよ。そんなのアンタにしかわかんないわよ。
それでもなお、お金が欲しいと言うなら聞くけど、アンタ、単にお金持ちになりたいと思ってるんじゃない? もしかして。アンタの言うお金持ちって、いくら持ってるヒトをそう呼ぶの?
「幸せにしてくださ~い」って頼まれてもさ、「お金持ちになりた~い」って叫んでもさ、聞き届ける神様だって、「お前の幸せってなんやねん? ワレ、銭っていくら欲しいんじゃ?」って言うと思うわよ。
とにかく自分なりの基準を持たないと、ね。アタシにとっての幸せってなんなのか、アタシにとって必要なお金はいくらなのか。それを具体的に持てば持つほど、物事はスムーズに動くようになるわ。

最後に言っとくわ。アタシの思う幸せとは。
いろんな経験をして感動できること。
行ったコトのない国へ行き、異文化に触れて、今までと違った価値観を学ぶコト。
食べたことのない食べ物を食べて、新たな味覚を得るコト。
理解できなかったコトが理解できるようになるコト。
できなかったコトができるようになるコト。
常に成長していきたいと願う心。成長、即ち学ぶというコト。そこには必ず感動がつきまとうわ。
そして自分が感動をしたいからこそ、人に感動を与えたいと思う。だからこそ、また自分も感動できる。
それがアタシにとっての幸せで、同時に生きるコトの意味よ。
そこにはやっぱり最低限の物質=生活必需品や、そのためのお金も必要。その心配をしなくても済むコトは、幸せであるコトには必要条件よ。でも、それだけで十分ではないハズなのよ。
物質的な豊かさだけが幸せだと突っ走ってきた現在の行き詰まりの原因は、ココにあるのじゃないかしら?って思うわ。
ヒトの目を気にして、ヒトに流されながらエコなんてスタイルばっか気取ってないで、自分をしっかり見つめるコトが必要なんじゃない? それがホントのエコなんじゃない?
今更エコなんて言わないでちょうだいって話よ。

・・・おわり

ecocolo vol.13より

2007/03/20

Vol.11

とにかくさ、こないだ”金八”見てたら言ってたわ。「子供の幸せを願わない親なんていない」って。
平気で自分の子供を殺す親がいる昨今、そんな言葉、嘘八百よ。でもまぁ、まともなヒトはそう思うんでしょうね。
それとね、子供の幸せを願うってさ、子供が幸せ感じてるんであれば、親の考える幸せでなかったとしても成り立つ、というコト? それとも、親の考える幸せを、子供も強制的に幸せと感じて生きていって欲しい、というコト? っていう疑問が生じるんだけど、どーよ?
コレって親子だけの問題じゃないわよね?
アタシは前者を愛と呼び、後者を恋と呼ぶんじゃないの? って思うけど、違うかしら?

そもそも「幸せってなに?」って話よね。生きている以上、みんななんらかの目標を持っているわよ、きっと。お金持ちになりたい、安定した生活を送りたい、素敵な恋愛がしたい、人より抜きん出たい、とかさ。それらを一言で言うと“幸せ”ってコト?
みんな結局は幸せになりたいと思っているけど、実は幸せの意味がわかってないから幸せになれないんじゃないの? って思うけどどーかしら?
今ドキっとしなかった?
お金持ちになること=幸せ? 安定した生活=幸せ? アタシはそうは思わない。

お金さえあれば安定した生活ができる=幸せ、という勝手な思いが、東大からエリート官僚、有名大企業へ……な最短ルートなワケでしょ? そのためにはヒトを蹴落としても平気。そんな図式で動いているのが今の日本じゃないの? だから自分さえよけりゃいいというヒトが目につくし、鼻にもつくのよっ。そういうヒトって、自分がされて嫌なコトでも平気でヒトにはできるのよね? なぜ人を殺してはいけないのか、という簡単な質問に答えられない大人が多いのも、そんな考えに支配されているからなんでしょ?
教えといてあげるわ。自分に命があって、それを誰にも奪われたくないという思いがある以上、相手だって同じく奪われたくはないはずよ。というコトはさ、人の命を奪う以上、自分の命を奪われても文句は言えないってコトよ。ヒトのモノを勝手に奪うということは、自分のモノを守る権利も同時に失うというコトよ。
権利がある以上義務があるということを忘れてんのよ。物を買う時にはお金を払うクセに、金銭的価値に置き換えられないモノに関しては、平気で奪えるワケよね? 如何にお金というものだけに価値基準が置かれている世の中になっているのか。愕然とするわよ。メリットがあれば必ずデメリットがあり、得る以上必ずリスクが伴うという、ごくごく簡単なことが置き去りにされていませんか? って話よ。

・・・つづく

ecocolo vol.12より

2007/02/20

Vol.10

人間が、今アタシたちが生きてる世界は3次元って言われてるわよね?
それは知ってる?
1次元は鉱物界って言われてるの。ダイヤモンドとかサファイアとか宝石ばかりね。光モン、スキなのよ。
さておき、石よ、石。石=意思、よ。
アタシはアタシ、ただ存在あるのみ。
そして、動植物界が2次元。厳密に言えば、植物界は1次元と2次元の間ね、動物は食うか食われるか、殺すか殺されるかで生きてるわ。
そして、人間のいる3次元。
4次元は想念界って言われるの。いわゆる霊魂の世界ね。心霊現象とか幽霊とか言われるモンの世界よ。そこは闇しかないの。
そして5次元、いわゆる神の世界。
喜びと楽しみしかない光だけの世界。
こうやって考えると、幽霊なんて怖くもなんともないわ。返って哀れみすら感じるわよ。でも、情けはヒトのためならずってヤツ。カレらはそこに行かなければならなかったのよ、自業自得ってヤツね。それを意識するとロクなコトないから考えない方がイイわ。足引っ張ることしか考えてないからね。
でも、5次元の神って言ってもさ、今この3次元にいるアタシたちと同じ資格持ってんのよ。別に偉くもなんともないの。「ちょっと休憩」って、5次元でぬくぬくしてんのよ。お釈迦サマはさ、5次元の帝釈天と仲良くって、帝釈天の方がお釈迦サマに教えを乞うてたって話よ。
それでね、3次元。この地球には今60億人の人間がいるわね? でも、そのうち子どもを産める年齢層ってどのくらい? 1日に何人の子どもが生まれてる?
その人数分しか3次元に空きがないってコトなのよ。
みんな3次元に生まれたいの。今生きてるヒトたちって、この世界に生まれたくって生まれてきてるのよ。
なんでって思うわよね?
辛いコトがいっぱいあってさ、こんな苦労するなら死んだ方がマシって何度も思うわよね? でもそれは、生まれてくる前の気持ちを忘れてるだけ、よ。イイ?
5次元に生きると、それは楽よ。苦労せずスキなコトやって、ヒトを喜ばしさえすればイイんだもの。でもね、それでは大切なコトに気づけないのよ。中には気づく存在もあるでしょうよ。人間ではないから存在と呼ぶわ、この場合。でもさ、気づきにくいの、片方しかないから。
3次元は両方あるのよ、光と闇、イイやの悪いやの、オシャレやのダサいやの、広いやの狭いやの、金持ちやの貧乏やの。
いわゆる陰陽ってヤツよ。
その尺度ではなくモノを見れるようになれないとダメなの。それができるようになった状態を解脱って呼ぶのよ。いわゆる悟りってコト。
2次元は争いの世界よ。勝つか負けるか。そういうのを2元論って言うわ。金持ちか貧乏かも2元論でしょ? それは動物界の基準。2元論は、すなわち2次元論、よ。人間が3次元にいるのなら、3次元論でモノを観なきゃいけないんじゃないの? 2次元論が競争原理なら、3次元論ってなんだと思う? 
わかってないわね~、調和とか共存とかよ。イイ?
自分が楽しんでるから、結果ヒトを楽しませるコトができた、そのコトよ。基準を自分に置きなさいってコトなのよ。無重力の話を思い出してよ。上も下もないのよ。アナタがスキなモノがスキなモノ。それは他人とは違うわ。
それをオシャレと言われようが、ダサいと言われようが、それは他人の感覚でしょ? 関係ないわよ。
ね、それに気づくには楽しいコトも辛いコトも両方ある3次元の方が、より気づきやすいのよ。だからみんな3次元に生まれたがってんの。
3次元で生きたがってんのよ。
子どもを作るってさ、そのチャンスをあげるってコトよ。そうかって思って、「アタシは男がスキよ」って思ってるコトもどーかしらって思ってさ、子どもも作るコト考えようかしらって思ってね。そう、感情と理性は別なんだわって思ったのよね。

・・・つづく

ecocolo vol.11より

2007/01/20

Vol.9

でも、ヒトは意外と強いモノみたいで、知らない間に復活してた。
ただ復活したら、おかしなコトになってたの。
オカマってコトをあれだけ知られたくなかったのに、オカマアピールしちゃうのよ。「何か悪いかしら?」みたいな。
服でもそうよ。「はやってるモノは断固として着ない、ヒトと違う格好してやるわ、アタシ」みたいな。
それはそれで、結局疲れちゃってさ。
だって、自分ではそれがアタシの個性って思ってたわ。
でも、そうじゃないでしょ? 「流行」ってモノがなかったら、アタシのスタイルはないんだもの。
個性って思い込んでたモノは、結局世の中の少数派狙いでしかなかったの。
世間が存在しないコトには、アタシの個性も成立しなかったのよ。
それに気づいてから、「もうどーでもイイわ」って思って、「オカマでもなんでもイイわ、服もどーでもイイわ」ってなったの。
男がスキだからスキ。
この服がスキだからスキ。
それだけよ。だから、別になんの説明もしない。
カレがいる時にカノジョいんの? とか聞かれたら、いないってだけ答えるの。
でも「恋人いるの?」って聞かれたら、「いる」って答えるだけ。
あんまりしつこいと「カノジョはいないけど、カレ氏はいます」って答えるわ。それだけ。
引くなら引いて頂戴っ。
男と女がいるんだったら、組み合わせは男女っていう1通りじゃないわよね。
それは当たり前のコトよ。
組み合わせはさ、男男、女女、男女、よ。
それを、男女の組み合わせしか存在しないと思い込んでる、世の中の方がどうかしてるわ。
ただね、男男、女女の組み合わせじゃ子どもができないわよね?
その問題は考えたわよ。
動物は子孫を残す本能を持っている。残さなければならない、至上命題よ。
それが解消しないコトには、何を言っても正当化になるわ。
くやしい~と思って考えたわ。
それでわかったのよ。
考えたんじゃなくってさ、降ってきたの。
言ってみれば教えてもらったのよ、姿も見えない誰かに。
ここからは、ものすごーく怪しい話になっちゃうんだけど、聞きたい?
超オカルトよ。
大丈夫?

・・・つづく

ecocolo vol.10より

2006/12/20

Vol.8

それから何度かそんなコトがあってさ。だんだん感覚がマヒしてくんのよね。アレだけ「自分って変態」って思ってて、男で男がスキってまだヒトには言えなかったけど、ちょっとずつ「当たり前かもね」って思うようになっていったわ。
そうね、その感覚と共に、音楽とか洋服とかデザインとかに興味を持ち始めてね、高校卒業して大阪に出たの。
学校行きながら洋服屋サンでバイトして。すぐにほかのスタッフと仲良くなってね。その時よ。生まれて初めてのカミングアウト。
1歳年上の女よ。
「このコには言っても大丈夫かな、イヤやっぱり引かれるかな」って思いながら。でも、ウソをつくというか、自分の素ではない仮面の自分でいるコトにしんどくって、「引くなら引けば?」って、清水の舞台から飛び降りたのよ。言っちゃった。
そしたら、その女、どんな反応したと思う?
ビックリしちゃったわよ。
「そうなんやー」。以上、よ。
そうなんやー、って何よ?
アタシの悩んだ10年近くの時間はなんだったのよ?
「ちょっとは引いてくれてもイイんじゃないの?」って思ったわね。
でもね、そのコはゲイだとかオカマだとかそんな視点より、アタシ個人を見てくれてたってコトなのよね。
アタシをスキだと思うか、キライと思うか。
アタシを信用できるかできないか。
ゲイやオカマってのは付帯条件でしかなかったのよ、そのコにとってはね。
今ならわかる。うーん、それからしばらくしてわかったわね。
その女のコとは今でも仲イイわ。
くだらない話しかしないけどね。え? どんなくだらない話かって?
そうね、その女は巨根スキみたいでさ、それの自慢散々されてさ、「裂けるかと思ったわぁ」とか言うワケ。
「バカじゃないの?」って言いながら、内心「うらやましぃ」よ。
って、何を言わせんのよ、アンタ。
でね、その「そうなんやー」の後、わからなくなったのよ。
正しいって何? 
間違ってるって何? って。
なんで洋服屋で働いてんの?
洋服がスキだから。
なんでスキなの?
なんでかしら?
オシャレだと思われたいから服着てんの?
そうねぇ、それもあるわ。
でも冬、裸だと寒いじゃない?
夏だって裸で街歩くと捕まるわよ。
じゃ、暖かかったり、陰部を隠せたらなんでもイイワケ?
イヤ、気に入ったモノ着たいわよ、やっぱ。
じゃ気に入ったモノってなんなのよ?
アタシの感覚よ、それが。
じゃあアタシって誰なのよ?
って、自問自答がどんどん深くなっていって、一体自分って誰?
なんのために生まれてきて、なんで生きてるの?
生きるコトの意味は?
もう、引きこもったわね。

・・・つづく

ecocolo vol.9より

2006/11/20

Vol.7

えーっと、アタシがヒトと違うと思うようになったのは、小学校の高学年の頃かしら。
普通、「普通っ何よ?」って話だけど、ま、便宜上、普通って使うわね。普通さ、そろそろ性的なモノに目覚め始める時期じゃない? 誰がスキとかさ、子どもはどうやって産まれるの? とかさ、女子だけ集めさせられて映画かなんか観てさ、どうも怪しいらしいぞ、“整理”ってもんらしいぞ、って、“生理”違いなんだけどさ、そんな時期じゃない。みうらじゅん氏曰く「アレはゴダールを見せられてる」らしいんだけどさ。詳しくは『正しい保健体育』(理論社)を読んでちょうだい。
アノ本は現代のお経よ。
この意味がわからなければ、アンタはアホってコトだから。

もー、話それずぎよね。なんだっけ? そうそう、思春期の始まりの時期。みんなが女子に興味持つのに、アタシは男子に興味持ったワケ。
水泳の授業なんてもう、ヨダレダラッダラよ。お着替えタイム! なんて、アタシの気に入ったコにくっついてさ、しっかりそのモノを目に刻みつけんのよ。10歳やそこらのオチンチンなんてそれこそ小指の先、くらいよ。何が楽しいのかしらって感じよ、今思うと。
え?
ロリコンの趣味はナイわ。
世の中にそんな趣味のヒトがいたらいたでイイけどさ、アタシにはその趣味はナイわ。
そんで、修学旅行なんかのお風呂タイムは天国なワケ。お気に入りのコがいる、アタシとは違うクラスのお風呂タイムに潜入したりしてね。怪しいわよね。でも見たいんだもの、仕方ないでしょ? 欲望には素直なのよ。
そんなコトしてたらさ、見つけてしまったの。
それまでは「アタシってオカシイ、変態ね、男なのに男子がスキなんて、ヒトに知られたら死ぬしかない」って思ってたわよ。それがよ、見つけたの、雑誌。ゲイ雑誌よ。
その時の衝撃って言ったら、もう筆舌に尽くしがたいわ。
それまでアタシは孤独だったのよ。
でも「こんな自分と同じ趣味(?)のヒトがいるんだー、救われた」って思いと同時に、大人の男の裸に釘付けよ。
今でこそネットが発達して便利になったけど、その当時、中学2年生くらいだったかしらね。30年前にそんなモンありゃしないじゃない? だから、雑誌には文通欄があって、全国津々浦々から投稿があってね、「知り合いましょう」みたいなさ。そこに千人くらい載ってんの。
こんな世界があったんだ、「救われたー」よ。何度も言うけど。
で、ドキドキだったけど、それまでの人生で一番勇気を振り絞ってゲイ雑誌買って帰ってさ、その文通欄でよさげなヒトを見つけて送ったのよ。
お返事がきて、すぐに会ってみたわ。
割とイイ男でさ。イイ匂いがしたわ。医者の卵で。
つたないセックスだったわね~、今思うと。
今はおどろおどろしいセックスだけどね、って何を言わすのよ、まぁ当時はカワイかったわ、アタシ。
そう、だからアタシの初体験の相手はオ・ト・コ。

・・・つづく

ecocolo vol.8より

2006/10/20

12