At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

なんぼのもんじゃいっ

アタシ、お風呂ってキライだったのよねー。オカマの風上にも置けないですって?そんなの偏見よっ。いやさ、子供の頃はよく、カラスの行水って言われたもんよ。なんだかね、面倒臭くってさ。なのに高校生になった途端、色気づいちゃって、朝シャンどころか、朝シャワーよ。そしたらオヤジに、
「贅沢じゃ~」
ってどつかれてさ。
「お前、オハラショウスケさんの話知っとるか!」
って言われてさ。そんなん知るわけないっちゅうの。
「朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上潰したって歌があるんじゃ~っ」
て。
「朝湯ちゃうやん、朝シャワーやん?」
なんて言ったもんだからさ、
「屁理屈言うな~」
でまたどつかれて。関西人って怖いわ~。
その後もその頃の癖が抜けなくて、朝にシャワー浴びないと、
「血圧上がんね~」
みたいなことになってしまって、別に西洋人気取ってたわけじゃないのよ、そんな身体になってしまってさ、風呂?みたいな気分だったんだけど、30歳過ぎたあたりからかしらね、20代のツケが回ってくるっていうの?冷え性かも、みたいな、ゆっくりお風呂に浸かる習慣化運動を掲げてみて、それからお風呂大好きちゃんに変貌ってわけなのよ。
で、今日、また温泉に行ってみたわけ。
うちの近所には2つ温泉があってさ、ちょこちょこ行くんだけど、そのうち1つはオープンした時は問題なかったんだけど、最近刺青ダメになったのよねー。面倒臭いわ、そういうの。そう、アタシには4つ、お星様の刺青?タトゥね、が入ってるの。もう少し頑張ったら、もう1つお星様を入れて5ツ星!にしようと目論んでるんだけどね。達磨さんの目状態ね。
で、そういう刺青禁止!ってちょっと面白くないじゃない?だから今日は新規開拓!してみたのよー。さて、刺青大丈夫かしら?と能書き探してみたんだけど、一切見当たらないから、攻めてみましょと入ってみたわけ。恐る恐るね。受付はクリアしたから、まぁ後は言われたら出ればいいかと思って、全裸でドーン!よ。ご立派!なわけよ。
そしたら。
びっくりしたわ。
紋々率4割よ。もうイチローもびっくりだわ。モノホンよ。お星様キラキラなんて刺青じゃねぇって言われんばかりの勢いよ。中途半端なっくらいな。
パンチに、金太郎の『金』の胸当てみたいなんを避けたような位置取りの刺青、ダミ声で大声。
違うモノホンは、唐獅子牡丹背中に背負って、腕立て伏せ~。お次ぎは、波飛沫の腕晒して、股間丸出しで、腹っっっ筋!あらゆる意味でご立派!ここでもまた中途半端なって言われた気がしたわ・・・。
普段周りにいないじゃない?モノホンさん。その後もいろいろ観察してたわけよ。そしたらサウナの扉開けっ放しな堅気の素人さんがいたわけ。これは見物!と思ったら、竜虎な背で風切りながら、モノホン渡世人、そっと扉を閉めてましたとさ。
人は見掛けや肩書きやノンケかオカマか、そんなことで判断しちゃぁ~いけませんわよね~。

ecocolo vol.20より