At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

美味しい撮影

今日は朝から撮影。
以前ここでも書いた、1冊まるごと葱な雑誌のレシピページ。
雑誌名は『旬がまるごと』なんやけど、毎回テーマがあって、トマト、とか、さつまいも、とかで、今回は葱というわけなんです。
葱で前菜、スープ、メイン、パンを作って、4パターンのシチュエイションでスタイリング。同じ料理を、和室の場合、庭での場合、みたいな感じで、器も替えてみて、盛りつけも若干アレンジしてみる、という感じ。
なかなか面白くなったかなー。
で、今回撮影で使ったのが、千寿葱。千住には葱専門の卸問屋さんがあるらしいんです。知ってました?そこ葱茂さんからお取り寄せ。

葱の束が縄に縛られて届くんです。かわいい~。
綺麗で立派で。
撮影後、試食。スープが抜群に美味しかったです。
発売は11/20。見て作ってみて~。

で、夜は余ったお葱を使って、葱茂さんオススメの、葱の天婦羅。

これが。
ヤ・バ・い。
この葱、甘みが強いのはもちろん、葱特有の辛さ、エグみが弱いねって、だからスープも他の料理、更に天婦羅も、と散々葱食べたのに、口が葱臭くないんやねって話になりました。
早よ気付けって話よね・・・。
普通に葱を糠に漬けると辛くて食えん、となりますが、きっとこの葱でやと糠漬けしても美味しいはず、と早速漬けてみることにしました。

機会があれば、取り寄せて、天婦羅、糠漬け、鴨葱鍋、ねぎま鍋等々、葱づくし試して下さい。ちょっとどころじゃなく感動できますよ~。