At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

時間差で踏んだり蹴ったり

日暮れ前、黄昏時、カルムの散歩。
黄昏って『誰ぞ彼』らしい。また明け方をカワタレ、『彼は誰』時というらしい。それだけ見通しが悪く、妖怪も出やすい時間帯。実際、電気つけても暗いし、車の事故も一番多い時間帯なんやって。
そんな時間帯やからしゃーないやん?左足グネったの。舗装の道走ってたんやけど、踏み外して土の道へグニャ。まぁ大したことないかと、イヤちょっと痛かったけど、まぁええかとそのまま散歩。てか、山道全力疾走。
帰ってきてから、ボーリングやで、と行ってみた。最初の1ゲーム目は好調やったものの、その後なんかイマイチで、もしかして、左足が踏ん張りきかんからちゃうか?とか心の中で言い訳してみたり、したけど、それも潔くないなーと悶々。そんな状態に、混んできて、隣のレーンには、ヤンキーな子達。まぁまぁ鬱陶しいけど、気にせんとこうと、でも悶々度は更にアップ。絶不調、おいボール、どこに転がっとんねん、とかなった矢先、ヤンキー子ちゃんは、ワシのボールで投げよるねんな、これが。まぁワシのボールやないけどさ。借りもんやけどさ。何度も繰り返すから、ええ加減言うたのやけど、はぁ?見たいな顔されて。そんなん、あー?やん?不調はともかく、オモロかった。
帰ってパスタ。作ってるとどーも左足痛いねんな、これが。歩きづらいねんな、これが。階段降りるの怖いねんな、これが。
なにやってんねやろ・・・。
明日の朝、腫れてたりして。