At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

なぜ求めてしまうのか?

  • DATE : 2013.05.01
  • Cat : Sol

昨日、友人から電話。

こないだ占い行ったら、大殺界やって言われて~と凹み気味やったので、12年に1度しか訪れないなんてラッキーやねぇと言うてみたのやけど、ていうかそれ以前にまだそんなもん行ってんの???とも言いいましたが、自分のことをなぜ人に決めてもらおうとしてんの?という話でしかないわけです。

ダンナを疑ってしまって、こないだ夜中に大喧嘩して・・・とも言うてましたが、それ、ダンナを信じる信じないの話じゃなくて、アンタが自分を信じてないからよね?と。例えばお金を貸しました。返ってこないと怒る。まぁ貸したものは返すのは当たり前のこととしつつも、返ってこないことがあるのもまた事実。本やCDは往々にして返ってこないということは、借りて返さない人が多いってことで、本は許されても金は許さんってそんな差別こそ許さん!と思いますが、とにかく、貸したのはアナタです、ってことも忘れないでねと思うのです。信じたのはアナタであって、貸したのもアナタです。お前には貸さない、という選択肢もあったのに、貸してしまったのなら、その責任は自分にもある。

で、なにを求めてるの?と聞いてみたら、・・・そやな、確かにアタシ求めてるな、と。求めてるってことは、何かが足りてないと信じてるからよね?と言うと、そうなんかも・・・と言うので、アンタさ、若い男前のダンナがいて、仕事も順調、一定以上の評価を受け、オファーは来まくり、お金も不自由なく過ごせてて、なにが足りてないの?と聞けば、ホンマやなぁ、ホンマやわ。贅沢よな、アタシと。

足りてないのは、感謝です。

SOL