At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

美しいってなに?

エリカ様の後、都心へ。
友人と昼飯食って、ecocolo編集部へ。喋り倒して、電通へ、と思ったのやけど、時間合わなくて、友人宅へ。麻婆豆腐作ったりしながら遊んで、ついでにブック見てもらうことに。
チェの世界は寂しい感じがする、とか、哀愁がある、とか、ぽよ~んとしてる、とか言われました。なんの話?って感じ。
寂しさを演出したことなんかないねんけどな。そもそも寂しいってどういう意味やろ?
美しい~と思ったものが、寂しいと評されるってオモロい。華やかな美しさもあるやろうし、艶やかな美しさもあるんやろうし、爽やかな美しさもある?
薔薇って艶やかなんやろな。そういう意味では桜は寂しい気がする。それは主観の問題?桜を艶やかに思う人もいるんやろうか?薔薇を爽やかに思ったりとか?
世の中から寂しいものを寄せ集めてるわけではなくて、寄せ集めたものが、寂しいと言われた。寂しいってなに?なんかネガティブなイメージあるしなー、寂しいって。でも決してネガティブな物を選んでるつもりなんてないし。でもそういう意味でいうと、ネガティブとされてるものを肯定したいという思いはある。
かわいいって思う物は、感情的に動かされてる気がするけど、美しい~と思う物は、ドロっとした衝動によって、みたいな。ドロっていうのもなんかネガティブやなー。でもポジティブとネガティブとで人間やん?とも思う。
そんな話をしてたら、絶対に好きやから読め、と『へうげもの』ってマンガを貸してくれました。
週末にでも読んでみることにします。