At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

要は頭の使い方

  • DATE : 2013.04.22
  • Cat : Sol

頭は、良い・悪いの問題ではなく、使っているか・使われているか、更に言えば、使い方が、上手・下手、の問題。

あの人は自分をどう見てるのか、こんなことすればどんな評価を受けるのか、を考えてしまっている時点で、頭に使われていることになる。

それを頭の中が五月蝿い、と呼ぶ。

今現在、思うようになってない現実があるとするなら、なぜそうなってしまったのか、の原因を探ると共に、来るべき未来のために今なにをすべきか、を頭を使って考える。

それを心に向き合う、と呼ぶ。

客観性とは、他人が自分をどう見るのかを想像するということではなく、自分を突き放し、他人と同列に看做すことができるかどうか、ということです。

他者が自身をどう見るのか、なんてこと、同じ人がいない以上、わかるはずもありません。それは単なる期待でしかない。にも関わらず、真剣にわかると信じているんであるなら、それこそ頭が悪いってことになる。

他人の顔色を伺う暇があるのなら、自身の心にこそ、向き合うべきなのです。

SOL