At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

MAROBAYA展のお知らせ

  • DATE : 2013.04.09
  • Cat : Event

MAROBAYA=円刃屋。

円刃=刃をつけてない刃物、また、刃の鋭くない刃物。

そんな名前を持つ服のブランドがあります。

MAROBAYAの上村さんとは、以前、東京・吉祥寺でやっていたカフェ、Floorの時に知り合いました。当時、お客さんでよく来て頂いてた立花文穂さんの紹介で、これから服のブランドを立ち上げます、というタイミングだったような。上村さんは、ザ・男子という出で立ち、しかも金髪、でもブランドロゴは立花さんデザイン、どんなものができるのかサッパリ見当もつかなかったことを覚えています。

日用の衣服と布製品

MAROBAYA

白いシャツ、白いTシャツ、チノパン、タオル、エプロン。

めっちゃフツー。

どこにでもありそう。

が、ないんだな、これが。

懐石もフレンチもファストフードもコンビニメシも一通り食べてみた結果、白いご飯と味噌汁が最高!というような、服。

初めから白いご飯が好きなんです!ということではなくて、いろいろ食べてみた結果、やっぱりそこに行き着いてしまった、というような、服。

しかも、米を一粒ずつ選り分けて羽釜で炊いて、きっちり出汁をとった味噌汁でした、というような、服。

潔く、美しい日常。

誤摩化しようのない強さ。

そんなMAROBAYAさんの展示会を、以下の日程で開催します。

2013.5.1(Wed)-6(Mon)

12:00-20:00

*初日、MAROBAYAの上村晴彦さんと木村勇太さんのお2人共が在廊されます。

*『KYOTO GRAPHIE』の会期中に同時開催のカタチになります。

稲岡亜里子の写真とMAROBAYAさんの展示会、併せてお楽しみ頂ければ幸いです。

SOL