At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

伝統⇄革新?

京都らしさを一言で、みたいな注文が時々ある。わかるようなわからんような・・・でいつも答えに窮する。だったらわからないことはわかる人に聞きに行こうと、自分の中で京都らしさNo.1の俵屋旅館さんへお話を伺いに。お相手をして下さったのは、専務の佐藤守弘さん。当主の息子さんにあたる。京都精華大でも教えてられるそう。早速、「京都らしさってなんだと思われます?」と質問。即答は「なんなんでしょうねぇ」。・・・終了~。し、しまった・・・ワシ、ここへ何しに来たのやっけ・・・?とりあえずお手製の本蕨餅を頂きつつ遠い目をしてみる。間抜けな空気を察して頂いたのか、「館内をご案内します」と佐藤さん。後について探検開始。

『京の大工棟梁と七人の職人衆 (笠井一子著)』という本がある。冒頭の数寄屋大工棟梁・中村外二氏のロングインタビューは絶景、大工を通して哲学がある人。その彼とその子息によって手掛けられた俵屋旅館の改修は、考えられないほど手間を掛けた仕事で、そのデザインは当主によるものらしいが、きっと職人泣かせだろうと思う。「神は細部に宿る」という言葉が本当だとするなら、俵屋旅館には神が宿りまくってると思われる。その神に至る経緯を説明して頂いてる中で面白いことを仰った。「そういえば階段も昔は京都らしい狭くて急なものだったんですが、緩やかなものに変えました」。ん?京都らしさを捨ててなお京都とはこれいかに。増々わけがわからなくなる・・・。「俵屋は京都でないと成り立ちません。職人がいませんから。逆に電話1本で飛んできてくれる利点があります」。フムフム、京都が少し見えてきた?

館内を見せて頂いた上で感じたことは、厳然とした伝統がありながらも、革新が随所に見受けられること。辞書的には伝統と革新は対立概念とされる。でも少し考えてみれば、伝統も革新によって生まれたのではないのか?と思う。例えば利休は伝統を踏襲しながらもかなり革新的なことをやっている。その結果がまた新たな伝統として現在に至っているわけで。ということは、実は対立ではなく補完の関係にあるということになるのではないのか。対立を俯瞰することによって補完に変えてしまう。伝統を粛々と守ることだけではなく、そこに革新をもたらすことで京都は紡がれて現在を創っている。きっと現在の俵屋当主は白隠や蓮如のような中興の祖と後に語られることになるであろうと確信する。

京都らしさを目指せばきっと失敗する。京都とはなにか。対立を補完に変えてしまう、もう一つ外側の視点こそ、京都なのではないかと。京都らしさ、なんていう曖昧なものは探してもきっと見つからない。対立の外側に立つことこそが京都!どーすか!!!

Meets 294号