At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

夏は暑い

  • DATE : 2012.08.25
  • Cat : Sol

ホンマに暑い。

今年が、なのか、京都やし、なのか、どっちもか。

身体的にはキツいけど、汗の乾いた不快さとか堪らんね、でも夜は明け朝を迎えるわけで。

加齢ってこともあるやろな。子供の時が今より暑くなかったっていったって暑かったわけで、中学の部活ん時とかあの炎天下で1000m*10本とか更に練習中は飲み物禁止とか、ムチャクチャで、体育館の脇のトイレの水道は飲める!情報が飛び交ったりして群がったりして。

中学生男子生徒全員坊主。学生服に進路指導、受験勉強。

今思えば、なんか知らぬ間にレールに乗せられてた気分。

物事を強制される時期を持つということの意味はわかる。そこで社会を構成するための最低限のルール、マナー、モラルを身につける。

問題は、教育の中身。

この間、日本の歴史教育は歴史ではなく、考古学と聞いて、ハッとした。

いついつになにがあった、と聞けば、何年!と答えれる人は結構多いと思う、けど、ではその時、なにがどのように行われ、その結果どうなったのですか?と聞かれて答えれる人は少ないと思う。

大化の改新

645年

ムシゴハン

とかなんとかって覚えた。

で、なにがあった?みたいな。

歴史からは学ぶのであって、覚えるものではないと思う。

ゆとり教育っていうなら、古事記とか、偉人伝的な道徳的なとか、文化的な例えばプラネタリウムとかみんなで映画鑑賞とか、もっと美的、右脳的なことに費やせばいいのに。

数学にしても国語にしても理科にしても、覚えることか計算するか左脳的なことばかり。

方程式やの文法やの。

痴人の愛

谷崎潤一郎

で、読んだのかと。

内容よりも表向き。

知らんより知ってた方がマシ、程度かと。

でも覚えさせられたよね。

犬って常に順位付けをするらしく、だからご主人様とか友人とか下っ端と自分なりに決めて対応してるらしい。実際どんな基準かわからんけど、明確に扱いに差がある。

犬って左脳的なのか?

左脳に偏った教育を受けたせいか、音楽も質の良し悪しではなく、どれだけ売れたかが評価基準になってたりする。

音楽の授業で音楽を聴かせてもらったことは数える程しかない。ハーモニカ、リコーダー、ピアニカ、ギター、コーラス。一歩学校出れば、町もTVも売れてる音楽が溢れ返る。

売れてるものを否定しない。多くの人に受け容れられた結果売れたものか、売れるために露出度含め考え出されたものか、の違い。

手段の目的化という悪習は、そうやって身に付いていくのかも。

それは音楽だけではなくて、食べ物にも置き換えられる。

最近よく耳にする遺伝子組み換え作物やのモンサントやの住友化学やの経団連やの、胡散臭過ぎる。

で、どう遺伝子を組み換えるのか。

一代限りで、種を採っても芽が出ない。

農家は種を買い続けなければならなくなる。

また、男性の精子が減少するとのこと。

1ヶ月程前、清水香名(以下、カナ)さんから教えてもらった、というか見て見てとうるさいから仕方なく見たのやけど、2時間以上あるからね、『スライブ』という映画?というか、今世界はどこに向かおうとしているのか、わかりやすい動画。

友人のダンナは、全く気にせず何でも食う男児やったのやけど、見て以来、めっちゃ気にするようになったらしい。

似たような話で、先日の『シェーナウの想い』を見終わった女子が、TVは偏りなく真実を報じるもので、実際そうだと信じてた、と言ったとか。

北方領土+ロシア、竹