At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

変わること・変わらないこと

  • DATE : 2012.04.26
  • Cat : Sol

癌細胞ってどっかから紛れ込んだものではなく、自分の細胞の悪性変異、ということは、癌細胞の良性変異、つまり、戻る、治ることもあり得る?


地球を1mとしたら、地表は5mmしかない、とは前回のTHE ZEN KAIでの佐治先生のお話。

5mmの下はマグマが対流。その上に浮かぶ地層、その表面に自分達はいる。

そもそもが不安定。

その上で頑張って安定を築こうとしても、土台無理。

存在しない安定を築こうとして、地球の資源や環境をしたい放題した結果が今なわけで、地表に住むいわば細胞の自分達が悪性化=癌細胞化している、ということになってるのかも。 

人間ならガンを放射能で殺し、切って捨てる。

日本人は放射能に汚染され、切って捨てられようとしてる、って極論?

奪う生き方をやめること。

自分がより多く持とうとすることをやめること。

なにかにしがみつくことをやめること。

怖いからこそやってみること。

痛いからこそ味わってみること。

捨てれないからこそ捨ててみること。

今が癌細胞であるのなら、逆をやってみることで良性化するのではないかと思う。


Sol