At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

『火遊び』展 -葉渡莉プレ15周年企画-

  • DATE : 2012.01.26
  • Cat : News

陶芸家・石井啓一とキャンドル・アーティスト・鈴木りえの『火』をテーマにした展示会です。

各週末にはキャンドルナイト、また最終週末にはサックスプレイヤー・大石将紀による、『火』をテーマにしたライブも催します。

2012.3.17(土)-25(日)

*3.22(水) 休

10:00-17:30

@べんがらや 

石川県加賀市山代温泉通 59 (『葉渡莉』はす向かい)

作家在廊日

石井啓一 3.23(金)24(土)25(日)

鈴木りえ 3.17(土)18(日)23(金)24(土)25(日)

大石将紀スペシャルライブ

3.24(土)& 25(日)

21:00-21:20

@総湯前広場

*雨天の場合、葉渡莉内のステージにて行います。

火が完成させる陶芸と、火を灯すことで見せるロウソク。

火は人を不幸にも幸福にもします。

ともすると人の命を奪うこともある火ですが、

僕たちはそれを使って楽しくなる事ばかりを考えています。

良くも悪くも「火遊びの達人」。

べんがら屋の朱色のギャラリーで何を見せようか、ワクワクしています。

石井啓一・鈴木りえ

陶芸家・石井啓一 (http://teto-net.com/

キャンドル・アーティスト 鈴木りえ (http://rinn-to-hitsuji.com/

サックス・プレイヤー 大石将紀 (http://www.m-oishi.com/)

問い合わせ先

加賀山代温泉 

葉渡莉

TEL 0761-77-8200

URL http://hatori.jp/

---

上記の企画とディスプレイのお手伝いをさせてもらってます。

葉渡莉・萬谷くんは友人の友人で紹介されてのお付き合い、Ledy Kagaの仕掛人の1人。ふわっとしてそうで、中身は結構アツいヤツ、な印象。これ切っ掛けにいろいろとやっていけたらいいなと思ってます。

第1弾は、昨年のSolでの展示会やイベントでの繋がり、8月『揺らぎの刺繍』展のrinnちゃん、11月『上ル』展の石井ちゃん、『THE ZEN KAI』での将紀、が、山代で。

今回のフライヤーの写真は亜里子撮影、デザインはHalさん。間もなく上がります。

少し遠くはありますが、温泉も、須田菁華窯も、北大路魯山人寓居跡『いろは草庵』もあり、なんといっても、Lady Kagaがお出迎え!

春分にお出掛け、企画してみて下さい。

Sol