At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

自分探しの旅 vol.9

  • DATE : 2011.09.05
  • Cat : Travel

 3時間遅れでバスチーユオペラ。2人はスーツケース転がしながら待ちぼうけ。にしても怒ってなかったな。アパートに荷物置き、飯食ってクラブへ。フレンチpopナイトに行ったつもりが、フレンチhopナイトで、仏語のラップにチーン。

1泊2日でロンドンへ。ブラジルレコード押さえて、インド人B&Bに泊まって、ホット&サワースープ飲んで、ジャイルズのDJ聞いて。旅中の旅ってなんか不思議。拠り所が希薄なのに、久しぶり、みたいな。
パリに戻って前出のRさんに3人揃って髪切ってもらって。
その時の1人がその後、仕事の都合で松山に住んでたのやけど、『ラフォーレ原宿・松山』について散々おかしいと騒いでた。今はないらしい。
誕生日が近づいて、頼まれてた虎屋のあんパン買ってフィレンツェへ。超美味しいピザ屋へ行った。10人ぐらいのイタリア人に囲まれて、拙い英語で下らないギャグを言い、鼻で笑われ。
帰りはプロヴァンスへ寄って、マルセイユでブイヤベース。港を徘徊してると、イタリア人男子と仲良くなって一杯飲みに。スペインから無銭で電車のトイレに乗り込みイタリアへ帰ってる最中らしい。大胆。
ニースの砂利の浜辺で、痴人の愛。
ホテルで日本人の叔母さんと姪のコンビと意気投合。叔母さんはフランクフルト在住で、日本から遊びに来た姪とニースでバカンス中らしい。帰り、フランクフルトに寄って行きますと、別れ、海辺の古城のピカソ美術館へ寄って、パリへ。
約束の3ヶ月は遠に過ぎ、語学学校とかに入学してしまってパリに残るのか、一旦日本に戻るのか。
それ如何によって、次部屋借りたい人を断るし、と大家さんから。決断の時。