At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

無駄と悟

  • DATE : 2011.04.29
  • Cat : Sol

 ブッダは修行苦行をし尽くし、断食後、菩提樹の下で息も絶え絶え、スジャータが持ってきた羊乳粥かなんかを口にし、悟ったとか。

その時発した言葉が、「無駄である」。
悟りって吾の心、やもんね。
ちゃんと覚めていること。
吾の心に覚める。
覚悟。
日本語って、仏教由来の、かな、すごく数学的で面白い。
さっき、いつもお願いしてる美容師さんのところへショップカードを持って行ったついでに置いてあったガウディの写真集をふと手に取ってみた。
螺旋階段を俯瞰で。
まるで巻貝で花弁で。
フィボナッチ。
意図か偶然か。
J.S.バッハもダ・ヴィンチも数字やらなんやか隠れてるっていうしね。
ちなみにSolの1Fペイントの空間は0が、2Fにはそれぞれ別の数字が散りばめてあります、とかいうてみたりして。
痛みを嫌がっても、生きてれば痛みにも出会う。
不安を嫌がっても、生きてれば不安に出会う。
面倒臭いことを嫌がっても、面倒臭いことをしなければならない場面もある。
ごくごく当たり前のこと。
何が問題か。
痛みがなくなれば、不安がなくなれば、面倒臭いことがなくなれば、いい、そう思ってやってきた戦後、ではなかったのか。
人類の文化、文明化というものがそういうものかもしれないけど。
なくならない。
痛みを感じていることをただ感じることしかできない。
痛みをなくそうとするのではなく、その痛みがどのような痛みなのか、味わい尽くせばいいということに気付くこと。
どこまでいっても無理なものは無理。
「無駄である」である。
痛みに動じず、不安に動じず、どう痛いのか、なにが不安なのか、感覚ではなく、感情に焦点をあてること。
感情って気分やもん。
ここでもまた気。
自分を客観視して、更にそれを俯瞰して、尚飛翔する。
そこが拡大する分には地球にはなんの負担も生じないのに、限界のある地球で年3%の経済成長って、地球は毎年3%ずつ大きくなったりしないからねぇ。
無駄を省いて、とかってちょっとおかしいと思う。
そもそもやっても意味がない、努力ではどうにもならん、ということが無駄なんであって、省くとかどうとか以前に、やめておけばいい、やらなければいい、という話でしかない。
無駄な努力、なんではなく、無駄に努力、が正しいと思う。
考えてみれば、無駄なこといっぱいしてる。
衰えるって、嫌でも。
いずれ死ぬって、あがいても。
不安をなくそうとすることは、快楽だけを求めているということにイコール。
昼もあれば夜もあり、夏もあれば冬もある。どっちも必要だからこそ存在してるのであって、都合のいい方だけを欲する心をエゴと呼ぶんだろう。
EGO-WRAPPIN'。
エゴを包むというより、エゴを見下ろす、決して見下すのではなく、そんなニュアンス。
なんだか今日は筆が走ります。
口が滑ってなきゃいいけど。
Sol