At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

紙一重

うちのCalmeちゃん、ちょっとというか、かなり?バカかも、と思ってて、だから頭抱える場面多々。
もう少し大人になれば落ち着くはず、と思うも、ダルメシアン飼ってる人には、甘い!と言われ、また頭抱え・・・。
家の中で放し飼い、な些細な夢すら叶わないのか・・・?

で、前から一度試したかった、『散歩時山で放してみる作戦』本日決行!ボウリングの後ね。
そしたら、それがそれが。
ボール投げたら走って取に行くのやけど、行きっぱなし、で、その辺を探索。拾い食い。やっぱアホなんか?と思うも、ちょっと隠れてみたりすると、ワタクシ、ご主人様を探してくれるの。
その後もリードなしで散歩続行してみようと歩き出したら、やっぱり探索拾い食い、で、無視して歩き続けると、バーッて駆け寄ってきて、でもやっぱり探索拾い食い・・・の繰り返し。
更にその後も隠れてみたり、全力疾走してみたり、いろいろ試したんやけど、結局はちゃんと駆け寄ってきてくれるのです!

バカか、アホか、と心配してたというより、結局は信用してなかったってことなのかも、とちょっと反省。
「自分のしたいことはしたい!けど、ちゃんとそっちの動向も気に掛けてるでしょ。大丈夫やから、ちゃんと信用して!」
って言われてる気がしました。
いや、単に置いてかないで、怖いやん・・・って思ってたのかもしれんけど。
どう思ってるのかわからんけども、バカでもアホでもなく、もしかするとものすごーく賢いのかもよ?
これぞ親バカ?
とにかくプライドは高い。それは認める。
飼い主に似た?

やっぱ信用しないとねー。否定や不信から生まれるものはない、って言うしねー。
勉強になりました。