At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

今日のキメゼリフッ

今日、バングラディッシュ人のシェフが作ってくれた、アサリのパッタイを食べた。
一口食べて、
本日、バングラディッシュ人のシェフによって作られた、アサリのパッタイを頂いた。
に修正。
昔、仲の良かった女子の友人がタイマニアか、くらいな勢いで、ワシも学生時代タイ料理屋でバイトしてたし、そして2人とも食べるのも作るのも好きで、美味しいトムカーガイを見つける、とかやってたなー、で、なんでか一緒にバンコクにも行った、のやけど、その女子がパッタイ好きで、でもなにが美味しいのかよくわからんくて無視してたのやけど、きっと彼女は美味しいパッタイを食べたことがあったからなのだと、今は思う、それぐらい美味しかった、シェフのパッタイ。
味付けも具もシンプルやのに、味に奥行きがあるとでも言えばいいのか、それが油の量なのか、火の通り加減なのか、とにかく調味料の味とか素材の味とかではないなにかを思う味。不思議。
なんでこんなに美味しいのやろ?と言うと、シェフ、
「愛情たっぷり入ってるからね」
日本語も英語もベラベラで、ベタベタなことを言う。続けて、
「でもね、それ大事よ。パッタイを作ると思うんじゃなくて、美味しいパッタイを作ると思うことよ。」
それを愛と呼ぶ。
決して、形にすることが目的ではない。

褒め過ぎやな。
本人が見ても読めませんように。