At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

そして歯医者へ

今日こそは、です。
さて出掛けようかとしたところ、近所の小峰さんが、草刈り中。
「ついでだからそこんとこも刈っといてやろうか?」
と、うちのボサボサ指差して仰るのです。
え?あり得ない・・・。
そんな面倒臭いこと、フツー申し出ないわな。
でもウキっとしながら、
「あーざーす」
「ま、テキトーにやっとくよ」
すんません。ってかよろしくちゃん。
で、練馬方面へ。

ちょっと早く着いたので、駅前で春菊天そば。
で、整体&歯医者。
整体の先生に、
「すごい柔らかくなりましたねー」
と言われたので、
「最近、心配しなくなったからかも」
と答えておきました。
引き続き歯医者。
整体はご主人で、歯医者は奥様がやっておられます。
先生の合い言葉は、『歯が噛み合えば人生噛み合う』す、素晴らしい。
かれこれ通い出して1年。
ようやく噛み合い出して、歯がね、今日左下の仮歯がちゃんとした歯に入れ替わりました。すんごいすっきり。来月は右下が入れ替わります。
治療終わっての診断後、
「こんなん始めましたー」
とサロン・ド☆ピンクのチラシを渡したところ、
「仕事始めたのね。よかったわ。主人と陰ながら心配してたのよー。ありがとう。」
と言われました。
ありがとう?
こちらこそ、です。
先生のありがとう、に偽善的なものはなく、本当に安堵、という感じでした。
そういうのすごいなーと思います。
他人のことを自分のことのように感じれるからこそ言葉にもその勢いがのる、みたいな。
そんな境地はまだ先です。

帰りは土砂降り。
でも家に着くと降ってなくて、雨上がりの匂い。
ふと下を見ると、道に面した部分だけではなく、庭一面刈り込んである?ある!
ハーブはちゃんと残して、きれいになってる!
小峰さーん。
素敵過ぎます。
見るに見兼ねた?それにしても、ねぇ。
なかなかできるこっちゃありません。
ここでも他人のために動ける人に接することができました。
なんていう1日。
明日小峰さんちに葡萄でも持ってお礼言いに行こうと思います。
ありがとうございました。