At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

春の川

冬を嫌いと言いたくはなかったけど、今日のこの陽気に意味もなくアガってる自分としては、やっぱり冬を嫌いとまでは言わないまでも、好きではない、と気付いた。

周りの枯れ木は冬なのやけど、水温は上昇、川面に映り込む木々は素敵。
今日は家中窓開けて、空気の入れ替え中。
でも明日からまた冬に逆戻りらしいけど。

木の根って生命力のすごさを見せつけてくれる。
単純にかっちょいい。


夏のバーベキューの名残のゴミ達。ご近所さんとクーラーボックスの中身って・・・?子供やったらどうします?とか言いながら恐る恐る開けてみたら、空っぽ。よかった。
なんだか使えそうなものがあったので、もらってかえって、

洗ってみた。
錆びた鉄板と、錆びた鍬の先。
Tocoって現在『錆び鉄』展。まさか並んだりは・・・?

『未来を変える80人』
ー僕らが出会った社会起業家ー
シルヴァン・ダニエル、マチュー・ルルー著
昨日、『日本でいちばん大切にしたい会社』を読んで、そういえば、と思って買ってたけど読んでなかった本を手にしたのやけど、オモロい。
いきなり、J.F.Kの言葉の引用から。
既存の事実に限定された懐疑主義や、シニカルな発想だけで世界の問題を解決できるわけがない。私たちが必要としてるのは、これまで存在しなかったものを想像できる人間である。
前者は愚痴を言ってるに過ぎないってこと、なんかな。
そういう類いの本も散々読んだけど、だから結局?ってことばかりで、事実なのか、現実なのか、はたまた単なる陰謀説なのか、とにかくよくわからんことがいっぱいで、なんだか気が滅入るばっかりやったけど、
・変化を求めて声高に叫ぶことではなく、自身が変化を具現し、変化を促すこと。
・原因をつきとめて糾弾するのではなく、解決策を示すこと。
・社会問題に対して具体的で、広く応用できる未来への解決策を考え、実行すること。
・未来に警鐘を鳴らすだけではなく、問題や行き詰まりを認識しつつも、楽観主義を捨てずに代替案を示すこと。
この視点でなにができるかを考えて行動にしてみたいと改めて思ったり。
でも解決策を示すにしても、原因をつきとめないと結果を変えることはできない以上、先ずは原因究明は不可欠。ただそれだけで満足すんなよってことやろな。
原因究明だけでも難しいのに、そして原因は1つではないやろうし、それらをひっくるめて解決策を示すなんて・・・無理、って思っちゃいけないってことね。

田舎ってところは、それはわからんな、少なからずこのあたりでは、不信より、信頼が先立ってる気がする。性善説か性悪説かっていうけど、そんなん、善の部分も悪の部分も両方持ってて人間やと思う。大事なのは、悪に振れそうな自分を自分が踏みとどまらすことができるかどうか。
疑うことより信じることの方が難しいかもしれんけど、信じること、信じられることが当たり前の世の中であれば、それだけで幸せな気がする。

人間っていいかも、そんな思いな今日この頃。
この陽気のせいだけでなければいいのやけどねー。