At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

明けましておめでとうございます

年末、年越し、新年、そんな雰囲気、空気が、あるにはあるけど、どうも薄れた、そんな気がします。お年玉!という期待感も実際くれる人もいないから、かな。いくつやねん?って話か。いやいや、それだけでもないと思うけど。
昨夜、『007 ゴールドフィンガー』と『ロリータ』を、半寝で見たのやけど、'64と'62、当時のインテリアになんだか夢があって、当時日本は昭和真っ盛り、あの頃はなんだかどこかわからないまでも、漠然と進むべき方向が見えてたような気がする。
2009年。
世の中は未曾有の大不況っぽいことを言うけど、それまでも失われた10年とか言われてて、結局ワシが社会に出てからはずっと不景気なまま。でもホンマに不景気なんかなってちょっと思う。景気がよくなれば世の中明るくなるかもしれないけど、でもそれで問題は解決するのか?とも思う。

変えることのできない事柄を受け入れるために平穏を
変えることのできる事柄を変えるために勇気を
そして2つの事柄を見分けるために知恵を
大晦日、leeちゃんと遊んでた時に見つけた言葉。
これって仏教の3見地と同じ。
欲しくないものが手元にある苦しみ
欲しいものが手に入らない苦しみ
なにが欲しいかわからない苦しみ
こんな言葉が残ってるってことは、お釈迦さんの時代から2,500年経っても人間は変わってないってことかもね。
安定、保証、ストック、欲しいけど、突き詰めると、そんなもんはないのかもしれない、ってことは、どうあがいても手には入らないってことなのかもしれない。

模様替えした上に、年が明けて、なんだか気分一新。
只今、八ヶ岳、昨日はものすごい富士山も星も綺麗でした。今夜から5日まで流星群が見えるらしい、と今朝聞いたので、それを眺めてから帰ろうか、ムムムっと思案中。

Tocoは9日から営業開始です。新年第1弾は、『S』展。小さいものとちっちゃいもの。併せていろんな本も放出、お茶飲めるスペースも、と思ってます。次いで『錆び鉄』展の予定。

今年も宜しくお願い致します。