At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

こういうの、嬉しいー

ご飯、教わったとおり炊いてみました!昆布食べましたけど。おかずはトマトとベーコンの卵焼きにクミンを入れたのと、レンジで温めた豆腐に頂いた焼肉のたれをかけてみました。笑

この間の、男性1名な生徒さんからの後日メール。
焼肉のたれは、あきる野にある、キッコーゴーっていうお?油屋さんのもので、お土産代わりに差し上げたんですけど、早速使ってもらったみたい。
それよりなにより、ご飯上手く炊けたんやんー、そのクミン使い、悪くないやんー、みたいな、そーゆーいい感じ感、わかってもらえます?
なんていうの?その実践が大事なんよねー。

「料理のコツは?」
ってよく聞かれます。
以前よく答えてたのは、
「美味しいものを食べること、そしてそれを再現しようとしてみること」
やったけど、最近は、
「とにかく失敗してみること」
にしてます。
そんなん当たり前のこと。
きっと、
「如何に簡単に上達できるのか?」
という答えを聞かれてるんやと思います。でも、
「こうすれば料理が簡単に上達!」
なんて方程式なんてないと思うんです。
ハウツー、マニュアル実存主義、みたいな。
恋愛マニュアルってなに?って思うもん。恋愛なんて思い通りにいかないからオモロいっちゅうねん、みたいな。
なんていうのか、身体を柔らかくしたいからといっても、酢5リットル飲ば即グニュグニャ、なんてならへんから、夜な夜な風呂上がりにストレッチして徐々に柔らかくするのと同じで、やってりゃ今よりは少しはマシになる、程度の心持ちでやってるうちに、気付けば千切り出来てる自分に驚く、いずれそんな日が訪れるんやと思うんです。それは自分の体験談ですけどね。よく手切りましたもん。血だらけ、とか、指の皮削ぎ落とし、とかね。
楽することと、楽しむことは違うもん。楽して美味しい思いは多分無理。楽しもうとすれば、その裏に確実に面倒くさいことがついて来るってこと、知ってるはずやもん。
当たり前のことが蔑ろにされてるのが、今、なんと違うかなって思います。
当たり前のことを当たり前にできる人が、当たり前に素敵やなと思います。