At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

勇み足のサンタ

書留来たよ、と渡された箱には横文字が。
なんかオーダーした?イヤイヤ、心当たりはなし。
よく見たらアムスから。
お、マリファナ満々入ってる?もしくは、またもやナイフ入り?
そんな期待や困惑を抱きつつ開けてみると、

こんなもの達が!
なんじゃこれ?かわい過ぎるやないかっ。
グラス洗うブラシ、ソルト&ペッパー、キッチンタイマー、でした。
そしてフラッグの裏にはサンタからのメッセージ。ヨーロッパのサンタのオッサンは王冠装着なのね。

送り主は、クロアチアで遭遇して、フヴァール島で一緒に遊んだ、アムス・オークラで働く女子2名から。素敵なことしてくれるじゃないですか。
エジプトとギリシャの旅のお誘い付き。行きたい~けど、今は無理やな・・・。そのうちひょっこりアムスに行くことにします。アムスカフェ計画も進めていかないとねー。

海藻が食べたいと言った2人、でもオランダへ海藻は送れないのです、なぜか。なのでまた羊羹でも送ることにします。

こういうのって、ホンマ嬉しい。
人を喜ばそうとすることって、確実にお互いがハッピーになれる。ウキウキしながら選んだり、いろいろ考えながらメッセージ書いたり。それをしてくれたんやろなって、そしてその時間までもワシにくれたわけやもん、素敵やわ。
そういうことって余裕がないとできないけど、でももしかしたら、先ずはやってみるから余裕が持てるのかもしれへんよね。

2人共、ありがとー。