At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

本日のオーダー

ラムとつるむらさきを使ってみたい!とのことだったので、ラムサラダとオクラとつるむらさきのバーニャカウダとトウモロコシとカボチャのポタージュの3品。
ラムは細かく刻んで、オリーブオイルでローズマリーと一緒に炒めて、塩、胡椒、クミン、白ワイン少々。サニーレタスとサラダ菜をちぎったものの上にラムをのせて、ミントとピンクペッパー。食べる時にレモン絞って。
ポタージュは、トウモロコシとカボチャを茹でて、柔らかくなったらお出汁(チキンブイヨンと昆布)と同量の牛乳と一緒にフードプロセッサー。冷やして、器に盛りつけてから生クリームとブラックペッパー。
オクラとつるむらさきをさっと茹でて、器に盛って、鰹節。バーニャカウダ(オリーブオイル、ニンニク、アンチョビ)のソースで。
パンは近所の『森の風°(もりのぷう)』ってとこのもの。ここの『ハイジの白パン』ってのが、すごく美味しいんです。

器は織部(オクラとつるむらさき)を使いたい!とのリクエストだったので、それに合わせて、土ものでコーディネイトです。

音楽は、カウント・ベイシー・オーケストラwithサラ・ヴォーン。

食後はコーヒー飲みつつ、オーラソーマ。それがドンピシャ。ちょっと行き詰まりを感じつつも、動いてみようかなーと思われてたことが、それ絶対楽しいってって結果。
こっちまで楽しくなりました。

次回はどんなオーダーなんでしょ。
このあきる野で賀茂茄子作ってたり、山東菜や空芯菜作ってたりもするんですよね。
そんなの使ってみても面白そーです。