At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

やってみました

暑さ寒さも彼岸までってホントにそう。
彼岸花も咲き誇ってます。よくできたサイクル。
田舎は朝晩寒いくらいなので、ようやく食べ物が傷む心配もなくなってきました。
なので、ケータリング。

お弁当はよくやらしてもらってますが、ケータリングはなんかいつもタイミングが悪くて、ずっとお断りしてて、で、今回もちょっと無理かも、と思いつつ、そうは言っても、やらなきゃ始まらないので、やらせて頂きました。
ま、尻込みしてたってのもありました、今思うと。

ジャガイモのサブジ
イカとナスと赤タマネギのマリネ
生春巻きのサラダ仕立て
牛すね肉と蕪と栗の煮込み
辛みソバ
南瓜とココナッツミルクのプリン

baco先生得意のエスニック。とにかく世の中にない料理を作ったりするから、説明が難しいのです。サブジとかは存在してるけど、辛みソバってなんやねんって感じ。いや、この麺料理をなんて呼べばいいんだか。

盛り付け終わってパーティ終了までの間、食事をしようと、歩いてて見つけた四川料理のお店へ。
辛いもん好きなので喜んで入ったのやけど、辛さの質が違ってて大変!唐辛子辛いのは非常に好きで強いと自負、中国山椒辛いのも嫌いじゃないけど少しでいい、のに、ここはたっぷり。四川やもん、そらそうか。麻婆の麻は痺れるの意、もう唇がしびれてしびれて。味わからんかったです。
そして日本に合わせた味じゃなくて、醤油や酢なんかの全ての調味料が中国ものって感じ、少々クセがありました。bacoとなんか海外旅行してるみたいやね~と言いながら、汗だくでアジアな気分を満喫。

食欲の秋の到来。
ケータリングのご用命もお気軽にー。