At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

ご縁がありますように

飛行機、全く問題なし。余裕~。
ちゅうことで只今クロアチア、スプリット。
機内では、白洲正子と河合隼雄の対談集『縁は異なもの』。
到着後、アムスからの飛行機が一緒だった日本人女子2人に、市内までタクシー割り勘でどう?って持ち掛けたら、すんなりオッケー。どうもアムスのオークラで働いてて、バカンスで来たみたい。で、行き先も『苫屋』で、ちょうどいい感じ。

『苫屋』ってcarta夫妻オススメで岩手にもある、に飛び込み。ちなみに岩手のは、茅葺きで、予約は手紙でするみたい。で、スプリットの方はというと、いっぱいやったけど、リビングに布団敷いて泊めてもらうことに。
ドゥブロヴニクや島の情報を得て、日程調整。
明日7:00のフェリーでアドリア海を南下、8時間掛けてドゥブロヴニク、で2泊。
4日朝ドゥブロヴニク5:00発のバスでスプリット戻り、その足でフェリーに乗り1時間半、フヴァール島、で1泊。
5日にスプリット戻って1泊、でアムス戻り。
6日友人と落ち合って、7日アムス・ノーデルマルクトの蚤の市。
8日にデルフトでも行こうかな、もしくはブリュッセル日帰り?

と決まったところで、フェリーのチケット買いつつ、散歩しつつ、『苫屋』に泊まってた女子1名、姫路出身、目黒区在住、も誘って、オークラ女子達と4人でディナー。
アンチョビ、イカのフリット、魚のグリル、ラムの煮込み。さすが港町、魚美味しいっす。

夜は『苫屋』のオーナーと話。なんだかあっけらかんとしてて、楽~な感じ。cartaはまだ行ってないってことやったけど、存在は知ってました、みたいな。
「不思議な縁ですねー」
とここでも縁って言葉。
縁に縁が。
縁って仏教用語やねんね。