At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

偶然の一致

全ては必然らしいというけど、果たして?
そんな気もするけど確信はないかな。
なぜにそんな話?

5:00に家出て八王子5:45発のバスの予定が、5:15分に家を出たがため、ギリギリ。コーヒー飲みたかったのに、時間なく。bacoに話さなくていいから運転に集中しろ、と送ってもらってるくせに偉そうな指示。
どうにか間に合ったものの、前日からの雨で中央道の下りが通行止め、その影響で八王子インターの入り口は渋滞、下道で行くので大幅に遅れるかも、と運転手。
ま、通常だと8:00着予定、こちらは9:30に着けば問題ないので余裕かましてたら、成田着7:15分。早過ぎる・・・。
チェックインは8:30から可能とのこと、とりあえずコーヒー。
ケータイ見たらメール。
「今パリから帰ってきました」
と友人から。
ということは成田にいるはず、と即電話。
案の定で、一緒に朝食。
ウダウダ喋って、時間もきたので、別れて、チェックイン。
飛行機の中で調子の悪いモニターと格闘しつつ、キャメロン・ディアスのヴェガスがどーのって映画と、カンフー・パンダ的な映画を見たり、伊坂幸太郎の『チルドレン』を読んだり、してたら、なんか目の端に気になるものがあって、そっちに目を向けたら、元イデーのスタッフがトイレ待ち。なにしてんの~?ってなるわな。
どうもマドリッドとバルセロナに行くらしい。アムスはスルー。ちょっと残念。

夕方、アムス到着。
両替してユーロの高さに辟易。
ホテル着いて、少し散歩。
前夜から飛行機とあまり寝れなかったせいか、その後は記憶なし。
明日はワーテルローへ。