At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

一夏の海

もう葉山に来て、既に2週間以上。にも関わらず、まだ海には入ってないの、アタシ。たいして灼けてもないのよね~。好きじゃないのよね、海に入るの。海は好きなのよ。でも入るのはイヤなの。昨日も友人にバナナボートに乗らない?って誘われたんだけど、無理。しょっぱいじゃない。目、痛いし。つーか歳いくつよ?って感じよね~。ま、歳なんて関係ないか。
でも波の音は好き。あのリズムは心音に似てるから落ち着くって誰かが言ってたのか、そんな説があるのか、単にアタシの思い込みなのかわからんけど、落ち着くわよね。
で、一ヶ月海辺にいるのって言ったら、サーフィンやるんすか?とかしょっちゅう聞かれるんだけど、やんないわよ。やんなきゃダメなわけ?アタシはただ、遠目に海を眺めてたいだけなのよっ。アタシは山寄りの田舎生まれだから、海水浴に連れてってもらったりはしたけど、海は日常ではなかったのよね。だからちょっと海が日常な生活を味わってみたいのよ。
風が強いと波音が高くて、そしてTVが映らなくなるのよ。そんな当たり前の因果関係でも、海辺でないと成り立たないものもあるのよね。この歳になって初めて知ったわ。
伊勢神宮の木とか、八ヶ岳とか、太平洋とか、そんなデカっっってものをなんとなく眺める時間があるのとないのとでは、人生が変わるわよね。写真や映像も素敵って思うけど、実物のスケール感はやっぱ肉眼を置いてないわよね。誰かと同じ物を見たとしても、違うことを感じることってあるわけじゃない?そのズレが感性なんだろうし、そのどこに価値を見出すかが価値観なわけで、そのそれぞれが個性なんだろうしね。
洗濯機が回ってるのを眺めてたらやめれなくなるけど、波を見てるのも似てるわよね。同じ瞬間がないってことがはっきりわかる、それって見逃したくないと思うから、やめれないんじゃないのかしらね。
そして夜、思わず月を見上げてしまう、というか、月チェックをしてしまうのよね。今夜はどんな風に見えるのか、どんな形を、どんな色をしてるのか。月って女性性の象徴みたいなんだけどね。うふ。
時間の流れが時計によるものって思ってたけど、自然が刻むリズムを肌で感じて、過ごす方がより時間に正確になるっていうか、ま、腹時計みたいなものがもっと冴えてくるというか、頭で捉える時間と、身体が感じる時間では別物で、身体からの感覚の方が、生きやすいように感じるのはアタシだけ?なのかしら?って思うのよね。
忙しいと余裕を失うけど、同時に変な安心感を得るものよね。スケジュール帳が真っ黒だと安心、みたいな。真っ白なスケジュールで余裕がある日々ってふざけてるかもしれないけど、やっぱ贅沢でしょ。どうしたら実現できるのかしら~。やってみるわ、アタシ。

ecocolo vol.30より