At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

迷走

なんだかんだとバタバタしてます。
それにしても暑っい。
夏は暑いってのはわかってるけど、それにしてもねぇ。
スーツのお兄さん方、ご苦労様。
そんな地球は温暖化って言われてるけど、氷河期の前兆って説もあったり。どっちでもいいけど。

さて、葉山よりあきる野に戻りました。
現在『Toco』計画実行中、内装どうするかの方向、本はそっちのけ。また続きは気の赴くままちゅうことにします。

そんな中、関西の友人がTRAXに行きたいと言うので、本日現地待ち合わせ。
中央道一本で行けるのやけど、夏休み、小仏トンネル、相模湖インターあたりで渋滞の予感、檜原の山越えて上野原からと思うも、土砂崩れのため通行止め、奥多摩周遊道路を経由して大月から行くことに。

ちょーきれい。
前後車も人もなし、常田富士男、市原悦子の声が聞こえてきそうな風情。
一山越えて下り坂、視界の下には光る奥多摩湖。
この道、バイカーじゃなくても走る価値あり。

二山目。

今度はダム。堰切って溢れ落ちる水、ま、滝と同じなんやろうけど、あの途中からのふわっとした感じ、見ててやめれなくなりますね。回る洗濯機と一緒。

以前走った陣馬街道、ここは子供の日前に行けば、山間に大量の鯉のぼりが見れる、もよかったけど、侮り難し奥多摩周遊道路。しかしながら、あきる野から大月まで4時間。ちょっと不安にもなったり。今のこの日本で、白昼不安になれるっていうのは貴重。
名張から伊勢までの国道もヒドい?ちゅうか、国道の概念が覆ったけど、ここも同レベル。迷走、名走。

到着後、新居の悦子邸でグダグダ。

谷本金メダルおめでとー。