At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

そういうこと

本棚から、手塚治虫名作集なるもの発見。その2巻は『雨ふり小僧』。
その解説を立川談志が書いている。
途中、雨ふり小僧になりきって思いを語らせてるのやけど、
「モウ太(主人公)の顔ば、見たら疲れとるどに、あれは街の人の顔だに、街中疲れとるどに、日本中疲れとるどに、きっともっともっと働くだに、もっともっと疲れるだに、アレ、なんとかならんかどに・・・」
疲れている自覚って休んでみて初めて生じたりするもんね。
その後、
・人間生きるために智恵授かったら、その智恵、生きるために使うのではなく、楽をするために使い始めた
・大人が金をもうけるために、生きるちゅうことも、死ぬちゅうこともみな忘れさせて、そこから逃げれるもんと思い始めとる、もう人間というもの、生き物というものは死ぬもんじゃというところからも逃げるようになってしもた
・どうしてこうなった?TVか。それもある。夜を恐れず、山を海を怖れず、なんでも文化とか科学というもので決めてしまおう、ということに無理がある、というのを人間知らぬのじゃ
・そのうちに天気まで勝手に変えるぞよ
と続く。
さすが、な感じ。

養老孟司が、科学の行く先は、完璧な人間の創造ではないか的なことをなにかで書いてたけど、天気を変えるってこともそれに等しいと思う。
人間にとっての都合、完璧さが、他の動植物にとってそうであるとは限らない。
なにが完璧かなんてわからんけど、非の打ち所がないって人間ってのを創ったとしたら、個性はなくなるってことじゃないのかと思う。天気をコントロールしたい時もあるけど、そんな不自然なことは御免被りたい。
自然の反意語は不自然。養老孟司は、自然の反意を人工と定義してる。
素晴らしい人工のものもある一方で、自然物の代用としての人工物は、ペラペラなものが多い。温かさや柔らかさの欠如というか。それらに囲まれた生活は、同じく、温かさや柔らかさの欠如に繋がる可能性は低くないと思う。
実際、現在それが表面化してきてるってことちゃうのかな。

どうせ死ぬから、それまでいかに楽をするか。
それは、どうせお腹は空くのやから、食べるだけ無駄、だから食べないってことと論理的には同じこと。
どうせ散らかるから片付けないってことも同じ。
そんなことは無理なこと。
楽はしたいけど、楽だけでは生きていけないのは明白。
面倒臭いことを楽しむ。それを智恵って言うのかもね~。