At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

三度、山梨へ

イデー時代の先輩達を連れて、TRAXへ。
先ずはランチ。
仙人小屋へ。
山菜と川魚と鹿のお店。


これは山菜盛り合わせ定食。
花山椒、行者ニンニク、蕗、ツツジの花、などなど。
ヤマメのイクラ丼とか。
鹿のローストとか。
珍味。

TRAXに戻って、二郎さんの家具と空間を細かく吟味。みんな空間に携わってるだけに、言葉にならないバランスの良さに感化。
そろそろ、と甲州ワイン買いに行って、悦子さんち。
料理作って、早くからの酒盛り開始。
そうこうしてると、角田純さんも乱入。5/30からFOIL GALLERYで個展されるみたい。

お酒も夜も、話も深まり、怪しさを増し。
TVは、焚き火と同じ明滅で、だからついつい見てしまい、そして、砂絵曼荼羅はまさにTVと同一、なのに日本人がなぜ砂絵曼荼羅を有り難がるのかに首をひねる密教僧、みたいな。
わからんけど、妙に納得。

そして当たり前のことやけど、
「普通とは、数がいっぱいいること」
と言われて、ハッとした、のです。
なにげなくよく使う普通って言葉、その中には、多数派の意見としてという場合と、自分の持つ(無意識の)パターンという場合と、の2種類が存在してる。
だから自分の思う普通と世間での普通がズレるのは当たり前。
誰だって長いモノに巻かれてる部分と、少数派の部分は持ち合わせてるはずやから。

いい勉強になった一夜なのでした。