At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

本日のオーダー

久しぶりに画像付きでUp。
約1年振りに浜松より。
すごいねー、新幹線で。

なんかいっぱい話して、料理開始が遅くなってしまって。
ま、毎度のことやけど。


桑の葉素麺なるもの見つけたので、それをトマトとクレソンのスープで。

その後もなかなかディープな話で。
大体皆さん、両親と仲良いって言われるけど、ホント?
話をすることと、本音で接することは違うと思う。
当たり障りのない会話で、ぶつからないように過ごすことは、仲が良いということではないんじゃないのかな。
同じ人間がいない以上、どこかしらなにかしらでぶつかることはあって当たり前な気がする。もちろんぶつかればいいってわけではないけど。
ワシの当たり前と、rereのそれ、bacoのそれは、当然違う。だから面倒臭いことが多いけど、だからこそ面白いとも思う。
ぶつかって、喧嘩もし、その結果、自分と相手の相違がわかって、本当の信頼が生まれるような気がしてます。
自分って誰かを自分でも理解したいし、他者にも理解欲しいとも思う。だから、相手のことを理解する必要性があると思う。自分を理解せずに、他者を理解できないだろうし、ましてや自分のことを理解して欲しいのに、他者を理解しようとしないのは、都合良過ぎる。
所詮、最終的な理解は無理な気がしてるけど。誤解があって当たり前とも思ってるけど。
無理を承知で、相違を排除するんじゃなくって、理解を示すことも、努力な気がするのです。