At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

逆ヒッチハイク

この間また?友人が遊びに来ました。今回は泊まりで。
朝、喉が渇いたらしく、ちょっとジュースを、と買いに出掛けた模様。
でも。
この界隈、半径100mはアスファルトもない状態、自動販売機なんてあっても賞味期限が切れるのが関の山、なのか、そんな文明の利器は存在してません。
やっぱりその友人、散策しても見つけられず、かわりに近所のオバサンを見つけたので、
「自動販売機はどこですか?」
と聞いたらしいのです。
そしたらオバサン、
「そんなの近くにないわよ。車で連れてってあげるわ」
といきなり車庫から車だして、
「さぁお乗り」
友人、助手席乗り込んで、自動販売機へ。
よく無事で帰って来れたよね~。笑。
そう思うのが都会かも。

その友人、五島列島出身で、現在神楽坂在住。
「時々実家に電話すると、知らない人が家にいんのよ」
事情は、バックパッカーとかの若い子が困ってる姿を見ると、泊めてあげてしまう母、らしいのです。
「危ないじゃん!」
それが都会の思いなのかも。
でも、その若い子は、その友人のお母さんが外郎が好きだと知って、帰りに名古屋に寄って、外郎を送ってくれたらしいのです。

不信の上に成る社会と、信用の上に成る社会。
狭い日本の中には両方存在しているみたいです。