At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

ようこそあきる野へ

なぜだか、友人の母が一泊で遊びに来た。その話の経緯はオモロいので、ecocoloの原稿にするつもり。
と思ってたら、ecocoloからメール。月曜日にした撮影の上がりが、すんごいよかったと。ちょっと思いついたことがあったのでやってみたのやけど、それが功を奏したみたい。別に見た目は大したことじゃないのかもしれんけど、そこにはちょっとした試みと思惑があったのです、がひっそり空気を創ったみたい。そういうの、楽しい。

で、昼食後、その母連れて、近所の真木テキスタイルに。なんだか話は盛り上がり、今夜遊びに来はったらどーですか?が現実になって、友人母と、真木の方と、ド★ピンク、そして遅れて、東京の庭が参加。なんだかわからない集まりな夜に。
向かいの青木さんに頂いた、ニジマスと、鯖と、イカと、シシャモの薫製、野良坊のおひたし、蕪の糠漬け。イカの薫製がびっくりするほど美味しかったです。

友人母の話は、率直で、驚くほどの行動力があって、ま、だからこんな辺鄙なところにいきなり泊まりで来はるわけやけど、とにかく面白くって、真木のバルバさん、これまた大概怪しくて、Oshoの弟子だとか、オーラソーマなんて当たり前にご存知で、もう師匠と呼んでいいですか?状態。
はぁ。溜息は幸せ逃げるって言うけど、吐き出して新たな幸せ迎え入れればいいんちゃう?って思うくらい、しみじみ吐いてしまう溜息。

食後は、友人母と、bacoの共作な、抹茶のシフォンケーキ。

あきる野に来て良かった。
なんだか心が軽くなった夜なのです。