At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

一生懸命!

友人とランチ。
最近疲れてる、と景気の悪い言葉を発する友人。知らんっちゅうねんね、そんなこと。
疲れてる場合じゃない。
元気になりなさい。
元気って、元の気=自分らしくあるってこと、みたい。なるほど。
なにを疲れてるのか聞いたら、会社の若い子に手を出したのが会社中にバレて、総スカンを喰らってる、とのこと。アホや~。オモロい。
アンタ、退屈してるから、そんなしょーもないことしてるんちゃう?さっさと独立しなさい。以上。

その後、別の友人とお茶。
私は一生懸命、だから認めて欲しい。そんな主張に対して、どう対処すべき?との話題。
それも知ったこっちゃないよねー。認めて欲しい一生懸命さってなんやろ?
結果が全て、そう言い切る気はない。もちろんプロセスも大事。でも、プロセスは結果に必ず反映される、と思う。やれることは全部やった結果、認めてくれない人がいたとしても、それは単なる一事実、と受け止められると思う。自分が納得できないことをやる、どこかで妥協をした、そんな後ろめたさがあるから、認めて欲しいという主張になるんじゃないのか、が結論。
どー思う?