At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

縮絨、なのです。

今日は、今やってる物件の家具と器探し。
骨董通りの一元堂で李朝のテーブルを発見。これに鉄の黒皮で脚作ってつけたら完璧。
同じく李朝の高台皿も。美しい~。
中国椅子は見つからず。

夕方、友人とお茶。
そこで、

なんなのよ、これ。
更に、

こんなんも。
かわい。

ドイツかどっかのデザイナーのらしいけど、この人のスリッパは5年くらい前にパリで買って、冬には今でも使ってる。またここで巡り会ったか。
このデザイナーってわけではなく、縮絨が好きなのです。
このモケっとした感じがたまらん。

物件のためにいろんなお店巡ってるのに、ついつい自分の欲しい物ばっかり見つけてしまう・・・。散財。でも金は天下の周りもの。頂いたギャラを次にバトンしていかないとねーって言い訳。

夜、友人とベトナム料理。
最近引っ越した彼も現在家具を探し中。情報交換とかしてたら、インド家具が好きやと気付いた、と取り出した本、アンティークショップガイド、みたいな。
な、なに、その素晴らしい本。
即、六本木のABCへ。
サクっとその本を見つけ、ついでに物色してると、『白磁』なる本発見。
あー。
明日、電話してみよ、あの店に。