At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

あれとこれとが繋がった

友人宅でご飯食べながらTV見てたら、なんか2011年くらいになると日本でもオーロラが見えるかも、みたいなことがやってました。
科学的根拠ありっぽい。

なんか、太陽フレアとかいうらしいのやけど、太陽からのなんかの量が増えてきてるらしいらしいねんね。
北極がS極やん?そこで太陽エネルギーを受けて、南極のN極へ流れる過程で地球を覆うらしいのやけど、通常のエネルギー量は、北緯10度あたりに降り注ぐらしく、それを地球を外から見ると、北緯10度に円周、王冠状に虹のような波を見ることができるわけです。それがオーロラ。
そうそう、北極ってN極っぽいやん?でもS極やねんね。なぜなら方位磁石が北をNと指すってことは、引きつける元はSでなければならないから。余談。

2011年にはそのエネルギー量が増えて、オーロラの北緯が下がる、日本もその範疇に入る、から日本でもオーロラが見えるようになる、という話。
例えば、細いホースで壁に水を当てると、濡れる面積は小さいけど、太いホースでやると、より大きな面積を塗らすことができるやん?
直径10kmの光の束が30kmのそれになれば、結果北緯が下がることになるやん?

水圧が上がるように、太陽からのエネルギー量が増えることで、間接的に回ってたエネルギーが、直接降り注ぐ、直接受ける、ということになるらしい。
その結果なにが起こるかといえば、大規模な停電。そんな程度?まぁ現在の予測ではそこまでしか無理なんかもしれん。人体に及ぼす影響とかないはずないけどね。
で、出演者の誰かが、そのエネルギーを貯蔵できないのか?みたいなことを言ってたけど、科学者は無理でしょうの一言。
で、ここからはワシの憶測ね、そのエネルギーの貯蔵庫がピラミッドじゃない?と思ったわけです。脈絡なさ過ぎ?
いえいえ。
久司道夫先生の『マクロビオティックが幸福をつくる』に、そのようなことが出てきます。そもそもピラミッドって日本語らしいし。
妄想やとしてもオモロいから、興味ある人は一読を。

12,000年周期で、太陽からのエネルギー量が増えたり減ったりして、それを5次元3次元いうてるのかもね。
ちなみに、2012年が12,000年周期の終焉らしく、同時に3次元世界の終わり、と同時に新たな5次元世界の始まり、らしいです。更に言うと、その前の12,000年間が5次元でアトランティス時代やったらしいです。そんなこともオーラソーマでは習います。
現在の3次元慣れした今の人間の身体が、その増えたエネルギーに耐えうるかどうか。
ナウシカの、腐海のほとりに住む人間が、浄化の終わった青き清浄の地では住めない、みたいな。

マヤの暦も2012年で終わるみたいやし。
さてさてどうなることですやら。
どっちにしろ死なない人間はいないのやから、どうせならどえらい経験して死にたい。

この話、オモロない?