At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

半ば完成

『Snooze』のトイレ、洗濯機置き場、蛍光灯外して配線ダクトの取り付け、壁の造作が終了。

その足でBISLEYへレジ置き台兼収納用になりそうなものを探しに。その後、無印のカタログから、洗濯機なんかをチョイス。
小物細部に至るまで、『うたた寝』な雰囲気醸し出せればなーと思ってます。

夜は、イデーの後輩でありつつも人生の先輩に、ちょっと紹介して欲しいと言われてた人物を交えての、3人な食事会。
ワシ以外の2人は初対面やったけど、どうやら意気投合したみたい。
その後輩な先輩は、歳上やけど、後からの入社したのでややこしいのやけど、ま、そんなことは関係なく、ちょっとオモロい人物、かといって今までさして交流はなかったのやけど、お互いダルメシアン♂を飼ってると判明してから昵懇、なのです。
そんな後輩な先輩、昔N.Yにいた時、美容師やってて、カール・ルイスや坂本龍一の髪を切ったと、よくわからない経歴の持ち主、そして現在はインテリアデザインの会社をやってはります。
なに話したかよく覚えてないけど、後輩な先輩が、
「生きることに意味なんかない」
と言い切ってたことが印象に残った夜でした。
正しい生き方ってなにか、それを求めなくなってから、生きやすくなった、と。
そうよね、そんなんないよね。
あるのは、どう生きるのか、だけよね。
紹介した友人も、大病で死にかけた経験の持ち主。ズキューンときたみたい。
もっと生きたいように生きよう、そう思いつつの家路なのでした。もう充分って?