At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

今更やけど

『時計仕掛けのオレンジ』見ました。
初めて見たのは、20歳の時、かな。大学で仲良かった2つ歳上の女子と家で。ヤツは今どこでなにをしてるんやろ?関係ないな。
映画やねんけど、残念ながら、アレックスの格好だけ、しか覚えてなかった・・・。
かつて、内容を全然理解できてなかったのか、こんな話やったっけ?ってかなんの話?みたいな現在。面白かったー、ってか、怖かったー。
『es』を一番怖いと思ってたけど、超えた。
あれを地獄と呼ばずして、なにが地獄か。
拒否することを奪われる恐怖って、Mのそれと一緒かも。
現代って、あの映画の方向へ向かってるのかもしれん。
それだけはやめて欲しいけど。

拒否することを奪われてなくても、拒否することに罪悪感を持ってるってこと、あると思う。
断る、ってなんか優しくない気がして、気が引けるもん。
でも断らないとダメな場面って結構あるやん?
その度ストレス感じるのってイヤ。
それってもしかしたら、断られることが怖いから、断ることにも抵抗があるのかもしれん、と思ったり。
自分が断りたい時もあるんやから、人やって断りたい時あるに決まってる。
断られても、ま、いいかって思えたら、ストレスはない。
そういうことなのかもしれん。