At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

こんなんもやります

写真が見せれないのが、くやしいー。それは仕方ないから、またいずれ。

13:30に六本木のスタジオ、と言われたので、10:00過ぎに家を出て、びっくりするくらい接客のいい、八王子インターの手前のセブンイレブンでコーヒー買って、表参道でお花。そしたら清原と遭遇、そのうちVシネ出るんちゃう?とか思いつつ、広尾のナショナルスーパーでオマール。
13:00にスタジオに着いてしまったので、隣のミッドタウンでお茶。初ミッドタウン。ちょっと大人なノリ、かな。ジャン・ポール・エヴァンが入ってたので、マロン・コンフィを手土産に。昔、パリで食べて感動したんよねー。新宿伊勢丹地下にもあるから、まだの人は是非。
14:00、撮影準備開始。
オマール塩茹で、チキン、ターキー、野菜、果物の盛りつけ。言っちゃ悪いが、めちゃ素敵、やねんね、これが。
やってると、くるりの1人が、ええ感じーと言うてくれたので、関西?と聞けば、京都、と。関西なん?と聞かれたので、兵庫、と。それだけですけど?
カメラマンは、レスリー・キー。全然知らんかってん・・・。トイレどこ?とか聞いてもうた。
面白く撮影は終了、18:00過ぎ、お先にスタジオ後に、友人宅。

撮影後談してたら、レスリーがいかにすごいか、お前はいかに失礼か、教えられ、顔から火が出る経験。
そう思えば、ワシごときがウキーしながら盛りつけたお皿をレスリーが写真に撮り、くるりが食らう絵、いい経験させてもらえたなー、と思いました、よ、ホンマに。

写真は後日、プリントでもらえるらしいので、楽しみに待つことにします。
すんごい楽しかった、1日でした。