At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

乗り越える旅

昨夜は尼崎の友人宅にもう1泊して、ボーイズ・コミックを読み耽る夜は更け、寝不足のまま、学生時代のバイト友達とランチ。心斎橋のトン平というトンカツ屋へ。寝不足にトンカツってハード。でもここのはなにを頼んでもコロッケを添えてくれるんやけど、それが絶品やから、致し方なく。オーダーは軽めにカキフライ。
食後、お茶しながらくっちゃらべって、ちょっと堀江をブラブラ。
帽子屋物色するも、欲しいものはなく、でもrereが欲してた耳当てがあったので、ド派手なド☆ピンクのをゲット。
梅田に戻って、中崎町界隈をブラブラ。ようやくお目当ての帽子を見つけて、ウキウキ。
やっぱ街歩きって、楽しいですね。さして欲しいものはないけど、あっ、とか思うなにかに出会えるもんです。

そろそろ帰ろ、とコインロッカーから荷物取り出すも、なんで本20冊も持ってるのやろ?と自分のアホさ加減にガックリ。アマゾンで買えちゅうねん。お、重い・・・。
もちろんカバンの中には、オカンに持たされた煮干しと梅干しも入ってたりして。
新幹線の中では、『江古田ちゃん』の続き。軽く吹き出して、隣からは奇異の目。アンタも読んだ方がええで~。読んだらわかるから。心の独り言。

東京駅で中央線。この荷物、金曜日、この時間、そして始発駅から終着駅まで。迷惑よな~。どうするよ?タイミングよく、中央ライナー。その手があったと、指定券買って、八王子。
ここからタクシー。運転手さん、すごい荷物ですけど、海外帰り?ちゃうねんなーそれが。関西からやねんなー。
帰り道、電飾の家々を見ながら、運転手さん、
「1軒飾ると、隣、また隣って増えていきますねー、あーいうの」
と言うので、
「見栄の張り合いですかねー」
と答えると、
あははー。
「うち団地なんで、できないんですよ」
やりたいんかい・・・。撃沈。

親父と話すことをずーっと避け続けてきた長い時間。ようやく理解できた、かな。なんやろ、この爽快感。厳しさは優しさの裏返し。江古田ちゃんは、優しさは裏返さないで下さい、と言うてたけど。