At Sol, one part of the wall is painted in magenta.
This color, discovered by Goethe, is a combination of red and violet,
which respectively are the lowest and highest colors of the visible spectrum.
Red is most heavy with long wavelengths signifying Roughness.
Violet is light with short wavelengths signifying Delicateness.
Hence, in Japan, violet is commonly used to represent the highest rank.
The words, “reason is formed by the height of culture and the height of animality” represent this ideology;
when the extremities of the vulgar and the refined exist, instead of combining both and diving it in half,
it is the intuition of going both directions simultaneously.
This is what is referred to as the Middle Way in Buddhism, meaning when exact opposites exist,
one does not take what is in the center but encloses them both.
Sol’s aim to synthesize the man-made, contemporary and western, with the natural, antique and eastern,
alludes to the meaning of the color magenta, which signifies a mixture of opposite colors.
Thus, magenta is the symbol of the Middle Way.

BLOG ブログ

見られてた?

そんなタイミングで掛かってくる電話ってありますよね。

大阪・梅田で1人お茶しようと思って、32番街という、高層ビルの上にある喫茶店でカフェ・オレ。ちょうど日没、ビルの谷間に沈んでいく夕日がすごいきれいで、ぼーっと眺めてました。で、なにしよかなとお店出たら、隣はマンガ専門の本屋さん。ちょっと見てみよーと覗いたら、ボーイズ・コミックなるコーナーを発見。なにそれ?いかがわしく、たくましいく、たのもしく。そんなんウキウキやん?目はハートで物色。学ラン特集!とか、ヤバいやん?
そんなことしてたら入電。関西出身東京在住の友人より。
「吉祥寺でオススメの不動産屋教えて」
「うち、不動産屋通さんかったから、わからんわー」
と上の空で。
「今関西にいてんねん」
「なにしてんの?」
「ボーイズ・コミック物色してんねん」
「キショイちゅうねんっ」
でもオモロいと思ったくせに。
マンガちゅうたら、『江古田ちゃん』知ってる?って聞かれたので、知らんと答えたら、めっちゃオモロいらしいでー、らしいので、ついでに購入。

その後読んでみたら『江古田ちゃん』、めちゃオモロい。深い洞察、というか、自分を客観視できた上で、更に許容した内在するネガティブな部分を笑い飛ばす強さに感服、って感じ。
baco先生好きそうーと、早速、江古田ちゃんなるマンガ教えてもろたんやけど、めちゃオモロいから、今度貸すわーとメール。だから前に江古田ちゃんオモロいって言うたけど、興味なさそうやったやん?と返事。
・・・。

なんか薄っぺらいのかもしれん、ワシって。